その他の資格・勉強

保存版:日商簿記2級試験 工業簿記の独学勉強法


日商簿記においては、2級からの出題範囲となる
工業簿記についての勉強法をまとめます。

ややこしそう・・に思えるかもしれません。
実際、私もとっつきにくい印象しかありませんでした。

実は・・・そこまで難しくありません。

完全な得点源となりうる問題ですので、
毛嫌いせずに、積極的に取り組みましょう!!

勉強方法その①「スッキリわかる工業簿記」を利用!!


まずは、「スッキリわかる工業簿記」の
テキストを解きましょう。

わかりやすい数字で、簡単に理解できるように
書いてくれている非常に良いテキストです。



2週間で、例題と問題をとけば、一通りの
理論については、頭に入ります。

私の反省をいえば、、ここの問題を
しっかりと、解かなかったことにつきます。

例題だけで終わってしまっていました。

結構、いい問題がそろっていますので、
きっちり問題をとくことをお勧めします。

勉強方法②勘定連携図を頭に入れましょう!


厄介に思えてしまうのは、勘定連携図です。
一見、複雑に見えてしまいますからね。。。

ただ、大きな項目を記憶、理解してしまえば
あとの計算は、実に簡単です。

ズバリ、過去問の149回、156回の
大問5を、きっちり解いてみましょう。

これを2~3回繰り返せば、流れが
理解できるようになります。

テキストで書いてある工業簿記の基本が
最終的にこういう形になる・・ということを
早めに理解するようにしましょう!!

そうすれば、原価計算の差異分析でも
どこの箇所を言っているのかを理解しやすく
なるため・・おすすめです。

勉強方法その③標準原価計算を極めましょう!


パーシャルプラン、シングルプランという
言葉にとらわれてしまいがちですが・・・

パーシャルプランは、左下の項目が実際原価
シングルプランは、左下の項目が予定原価
と、記憶しておけば非常に楽です。

実は、、以前の記事にも書きましたが、
ここをしっかりと理解しておらずに、
過去問を雰囲気で解いていたので、苦労しました。

テキストで、よくよく熟読したうえで、
問題の言葉をとらまえないといけない。。

私の場合、、
直前3週間前に、ここに気づきまして・・・
テキストに戻るという、最悪な勉強法でした。

まとめ


テキスト終了後、すぐに過去問を
過去10回分くらい解いてください。

私の場合、
テキスト終了⇒商業簿記⇒過去問全般・・
という最悪なストーリーで勉強をしてしまいました。

これ、本当に大いに反省です。
工業簿記が得点源なのは、明らかです。

ですので、テキスト⇒過去問で、ある程度工業簿記について
地力を固めてから、商業簿記に行っても全然間に合います。

まずは、工業簿記を固めましょう!!

「学びなおし」で一歩踏み出そう!


保存版!日商簿記2級試験 独学の反省点前のページ

永久保存版:日商簿記2級試験 商業簿記勉強法の大いなる反省次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. その他の資格・勉強

    日商簿記2級 第157回振り返り。
  2. 行政書士資格

    駆け出し行政書士さんのための実務の手引~許認可編
  3. 行政書士資格

    Wライセンスについて。行政書士以外に、何か開業資格あった方がいい?
  4. その他の資格・勉強

    挑戦することこそが、大事なんですよ!
  5. 仕事・出世・会社

    緊急事態宣言延長・・・高齢者の外出。。。
PAGE TOP