サラリーマンの書評

功名が辻 司馬遼太郎 サラリーマンの書評


長いお休みを頂いておりましたので
読書にも、それなりの時間を割きました。

不思議なもので、大掃除をしていたときに
普段はあまり、気にならない箇所にある本が
やたらと、目につくときがあります。

まるで「俺を読んでくれ!!」のような
メッセージを発しているかのように、そこにポツンとある。

まさに、この「功名が辻」がそうでした。
あれ?こんなとこにおいてたっけ??てな感じで
手に取って、15年ぶりに読み始めました。


主人公は、土佐藩主として
有名な山内一豊と妻千代。

大河ドラマにもなりましたね。
仲間由紀恵さん主演で。

織田信長に仕え、
秀吉に仕え、
そして最終的に徳川に仕えるという、
戦国時代を渡り歩くサラリーマン武将の
鏡のような方です。

そして、それを支える奥方として
千代の考えを中心に展開されるストーリーです。

主人公になるには・・・
ちょっとキャラが弱い武将の山内一豊を、
妻の千代がその賢さで、権力者との関係性を
微妙に取っていきながら・・

最終的には、大大名にまで成りあがるところが
この本の面白さです。

つまりは、サラリーマンとしての生き方について
もろに指南をしてくれていること。

古今東西、凡人の生き方というのは
こういうものなのでしょうね・・ということを
知らしめてくれる小説です。

最終的には土佐24万石の太守ですから
凡人ではないのでしょうが・・・。

でも、徹頭徹尾、司馬遼太郎は山内一豊を
凡人であるという形で記載しています。

信長、秀吉や家康と比較したらかわいそうですが。

読みどころとしては、秀吉が天下をとったのちの
一豊、千代の心の移り変わり、考えを逡巡する
あたりが、よみごたえありますね。。

特に、関白秀次に対しての酷評や、
淀君の取り巻き(大蔵卿等)に対する評価など
会社員していると、わかるんですよね・・・。

どんなアホな上司でも、
それに対して、一生懸命おべっか使うやつ。
無意味に権力化するやつ。

昔から、人間のやることなんてかわらんな・・・
という、思いをもったこの休みでした。

「学びなおし」で一歩踏み出そう。

新年早々、スティーブジョブズのスピーチに感動。前のページ

第157回:日商簿記2級試験。申し込みに注意!最寄りの商工会に確認ください!!次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. サラリーマンの書評

    独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣:サラリーマンの書…
  2. その他の資格・勉強

    目指せ建設業経理士2級!最速合格のツボ①建設用語を理解する
  3. 仕事・出世・会社

    関わると自分の為になる人ってどんな人?
  4. 行政書士資格

    行政書士試験まであと残り4か月!!今、なすべきこと!
  5. 仕事・出世・会社

    デーブ大久保さんの動画が、あまりにも素晴らしい件
PAGE TOP