行政書士資格

行政書士試験 出るとこ千問ノックの活用について


早いもので・・・本試験まで、あと8カ月です。
年を取ると、季節の移り変わりが、あっちゅうまですね。

さて、今年度受験の皆さんは、テキストでの
学習は一通り終わって、次のプランをご検討中でしょう。

いろんなことに手を出すのは危険ですが、
暗記の精度を上げる為に、一問一答形式についても
早めに取り組むことをおススメします。

合格した年に、初めて取り組みましたが、
意外に有効であることを、経験済みです。

そのあたりをお話し致します。

おススメの一問一答テキストは?
優れているポイント
活用方法、活用場面
まとめ

おススメの一問一答テキストは?

一問一答形式では、
合格革命シリーズの「出るとこ千問ノック」!
これが、一番有用ですね。


予想問題でも、定評のある合格革命シリーズが
出版しているテキストになります。

ぜひ、使ってみてください!
その使いやすさには、びっくりしますよ!

優れているポイント


お勧めできる点は、いくつもありますので
まとめてみました。

・左が問題、右が回答という形ですぐに答えが確認できる。

⇒一問一答式ですので、当たり前ですが・・。
確認をしやすいことが、大きなメリットです。

ここでわからないことや、暗記の精度が低いことを
即座に確認することで、次の対応がとりやすくなります。

・赤シートが付属されているので、回答を隠して解くことが可能。

⇒案外、見過ごされがちですが、この赤シート。
回答欄でも重要な箇所は、赤字になっています。

赤字の部分は、もちろん覚えなければいけない内容ですので
回答欄も確認しましょう!!

・チェック欄が3回分あるので、過去の間違った傾向をまとめやすい。

⇒不思議なもので、間違える箇所は同じところを間違えます。
ですので、理解していない箇所をあぶりだすにはもってこいです。

・合格革命シリーズの基本テキストと連動している。

⇒合格革命シリーズのテキストを使用して、勉強しているなら・・
という前提ですが、判例や条文も連携しているので便利です。

仮に、違うテキストを使用していたとしても、
同じく条文や判例の確認は、絶対に必要な作業です。

・何よりB5サイズと、小さいので持ち運び便利。

⇒待ち時間、空き時間、通勤時間。
サラリーマンは、結構、隙間時間があります。

その時間をうまく利用するときに、もってこいです。

常に携帯できるように、小さめのサイズですので
カバンの中に常に携帯しておきましょう!!

活用時期について


私自身は、7月ごろに購入して、3周しました。

そののちに、10月ごろからは、常に携帯して
通勤時間、空き時間には暇さえあれば、解きまくる!!
最終的には、10周程度解きました。

しかしながら、早ければ早いほどいいのが結論です。

弱点をあぶりだし、フォローしていくことは
かなりの時間と労力がいるんですよね。。。あと、気力も。

短問ばかりでも、1000問ありますから、
1周するとそれなりの達成感もありますしね。。。

今からの時期ですと、3月、7月、10月くらいの
三度に分けて使用することで、知識の精度をかなり
向上させることができますよね!!

あと、一般知識もフォローしてくれていますので
あまり時間を割くことができない、一般知識についても
この問題を使用しながら、今の時期から準備しましょう!

まとめ

余談ですが、チェック欄の使用については、
是非があります。

間違っているという前提で解くのと、
まっさらで解くのは、まったく異なりますよね。。

どうしても、間違っている!という前提があると
人間、構えてしまいます。。

ですので、チェック欄の使用は、直前期の
10月からでお勧めします。

この時期は、なりふり構っていられないんで
最終の間違っている箇所を、あぶりだしていくために
どうしても必要なので、そこからにしましょう!

ともあれ、まずは購入して知識の強化を
図ってみませんか??


「学びなおし」で一歩踏み出そう!

営業マンのストレスって??前のページ

明日は第28回 建設業経理士の試験日です!!次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. その他の資格・勉強

    終活アドバイザーという資格:ユーキャン講座について
  2. その他の資格・勉強

    簿記2級試験!勉強の実況中継⑰前向きに!
  3. 行政書士資格

    行政書士試験、焦らずに諦めずに!!
  4. その他の資格・勉強

    挑戦!日商簿記3級への道!最速合格への電卓の使い方。
  5. その他の資格・勉強

    次の目標は、何にしますか?簿記の受験を考えませんか?
PAGE TOP