サラリーマンの書評

隠蔽捜査6 去就 今野敏 サラリーマンの書評


ちょっと最近、なんか元気ないな・・
やる気が起きんな・・・

サラリーマンですと、そんなシチュエーションは
多々あることと存じますが、そんな時に読むべき小説は・・・

そう!隠蔽捜査シリーズです。

竜崎署長の仕事に対する姿を読むことで、
仕事に疲れた40代のサプリメントとして
栄養をつけてもらいましょう!!

今日ご紹介するのは、シリーズ6作目の「去就」です。


 

アマゾンでの紹介文引用は↓

大森署管内で女性が姿を消した。
その後、交際相手とみられる男が殺害される。

容疑者はストーカーで猟銃所持の可能性が高く、
対象女性を連れて逃走しているという。

指揮を執る署長・竜崎伸也は的確な指示を出し、
謎を解明してゆく。

だが、ノンキャリアの弓削(ゆげ)方面本部長が
何かと横槍を入れてくる。

やがて竜崎のある命令が警視庁内で問われる事態に。

「去就」の目玉は、弓削方面本部長との対立です。

自分より職級が低く、年上の人間が、
上司として君臨する場合・・・

やりにくいですよね。
自分もこれ、経験しています。

真っ只中です。
はっきり言って、迷うことだらけです。

どこまでを相談し、どこまで自分の判断でやるか?
事前がいいか?事後がいいか?
それとも報告をせずに、きっちり終わらせるか?

竜崎はいつもと変わらず、原理原則を貫く。

結局は、王道というか、本来どうすべきかを考えたときに
どの選択肢を選ぶことが、シンプルでベストなのか?を
選ぶだけなんですけどね。。。。それが難しい。

また、竜崎署長は、
本音と建て前を使い分けず、自分のやるべきことを、
やるべき場所で、責任をもって遂行する!

鏡ですね。はっきり言ってしびれます。
「責任?そんなものいくらでもとってやる」

このセリフにどれほど、サラリーマンの方々が
勇気づけられるか?

それでいて、決して偉そうなのではなく、

・謙虚に、自分のできることと、
・スペシャリストにやらせるべきことを

線引きして、指示を出している姿を
サラリーマンは、見習わなければいけません。

「学びなおし」で一歩踏み出そう!


簿記2級試験!勉強の実況中継⑤工業簿記、一旦完了です。前のページ

FP3級、独学取得!学習の実況中継⑤TAC次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. サラリーマンの書評

    ロスジェネの逆襲 半沢直樹 :サラリーマンの書評
  2. 行政書士資格

    改正民法は行政書士試験の独学者にとって厄介ですよね!おすすめサイトまとめ!
  3. サラリーマンの書評

    千里眼 松岡圭祐:サラリーマンの書評
  4. 行政書士資格

    2021年度、行政書士試験にチャレンジする方へ!!
  5. 行政書士資格

    行政書士試験 3回目の挑戦 予想問題集の取組
PAGE TOP