行政書士資格

行政書士試験の概要

試験の概要

行政書士試験は以下の通りです。

・日程:11月第二週の日曜

・時間:3時間(13:00~16:00)

・場所:大阪では関西大学など

・合格発表:翌年1月31日

・試験科目:法令科目(240点) 一般知識(60点) 合計300点

※足きりあります

・合格ライン:180点(絶対評価)

日程については、年一回なのがイタいです。

おちたら一年間引っ張ります。半端じゃない精神力が必要です。

時間については3時間。結構長いです。

もちろん途中退出は可能ですが、よっぽどできるか

よっぽどできないかのどちらかの人でしょう。

簡単に受かる試験じゃないので、目一杯の時間はつかうべき。

集合時間の謎

あと、集合時間については謎ルールあり。

受験票には、12:30には席についておくこと・・ということ。

自分は3回も受験させていただきましたが、毎回これは

意味がわからんかったです。

要は、テストの注意事項や受験番号をわすれずに書くことを

目的としているんでしょうが、こんないる?って感じ。

無駄に緊張を強いられる感じがすごいです。

試験当日の会場周辺について

大阪では関西大学などが会場なんですが、これについても

3回目の試験では大失敗しまして。

10:30ごろに現地入りして、ガストに入ろうとしたのですが

満員。ほかに喫茶店らしきものがなく、仕方なしに会場に

向かうも12:00まで待たされるので、関大のベンチで学習。

この時間、めっちゃつらいです。

自宅近くの最寄り駅でアップを兼ねた学習すべきかと。。。

いろんな資格試験うけてますが、

行政書士の試験が、一番、悲壮感がただよう試験です。

年齢層も高めに見えるし、無駄口きいてるやつもほとんどいない。

みんな黙々と勉強してる雰囲気に負けそうになります。

あと、終わった後の消耗感もすごくて、

頭から煙がただよっている地獄絵図のような感じです。

こんな感じです。

「学びなおし」で一歩、踏み出そう!

行政書士をとろうと思ったきっかけ。前のページ

行政書士試験 試験までの勉強時間について次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. 行政書士資格

    行政書士試験 3回目の試験終了(2018年11月10日)
  2. サラリーマンの書評

    銀翼のイカロス:サラリーマンの書評
  3. サラリーマンの書評

    バッテリー サラリーマンの書評
  4. 仕事・出世・会社

    下請法が、逆に中小企業を追い込みつつある現在。
  5. 仕事・出世・会社

    緊急事態宣言延長・・・高齢者の外出。。。
PAGE TOP