その他の資格・勉強

ブログをはじめたきっかけ。

ブログを始めたきっかけは以下3点です。

  1. 資格を受けた理由を話する。
  2. 資格受験体験を通して、少しでも身近に感じてほしかった。
  3. アフィリエイトをやってみたかった。

40代の自分たちの世代を貧乏クジ世代っていうらしいです。
ものすごい失礼なネーミングだと思いませんか?

上はバブル、下はゆとり。
確かにそういうところ(=貧乏くじ)は、あるかもしれません。

でも、なんとなく自分たちの世代は、
価値観に、広がりが無いというか、
選択肢が極めてすくない世代だった気がします。

いい大学=いい企業に就職=出世
というレールしかないような気がしますし、
実際、自分の大学の友人たちはほとんど、このケースです。

何故、資格を受けようと思ったのか?


先にも書きましたが、会社に頼らない人生を・・・
といったときに、真っ先に思い浮かぶのは「資格」です。

おそらく、自分たち貧乏クジ世代で思い浮かぶのは
これじゃないかな・・と思います。

起業できるにこしたことはないです。

ですが、これまでひたすら
会社一筋の人生を歩んできている私たちにとって、
会社以外(うち以外)は異世界です。

そこに飛び込むには何か通行証がほしいと思うのが
人間じゃないかな・・と。

要は自分に単純に自信が無いだけです。
これが30代のころなら違います。

なぜなら、そのころは自分が一番だから。

40代になり回りが見え始め、また、人生のゴールが見え始めたときに
冷静になって考える・・・自分に何があるか・・と。

そのスタートをきる役目をするのが、資格だと思います。
実際、資格を手にしたらよくわかります。

なにか自分にもできるんじゃないか?
という気持ちになります。

もちろん、ホリエモンがいうように、
「資格なんてなくてもなんでもできる!」
っておっしゃるのもよくわかります。

その通りです。

要は、動くことが大事なんです。
ただ!多くの我々の世代は通行証が必要なんです。

資格を通して感じたことを話したかった


上から目線ではなく、本当に苦労したこと話たかった。

というのも、どちらかというとウェブ上にある話は、
簡単!とか、こうやれば攻略!とか、言い方は悪いですが、
楽をして取ろう、という人の話が多いのが事実です。

ですが、実際働きながら資格を取るのは、
結構しんどいです。

なぜなら、自分たちの世代は
何回もいうけど40代です。

管理職です。父親です。
そう、つまり、自分の時間は非常に取りにくい世代なんです。

そのうえ、貧乏クジとまで蔑まれた世代ということは、
価値観が、ある程度画一化された年代です。

よく聞きませんか?あるべき姿・・って。
自分は、あの言葉大っ嫌いなんですが、よく使う人いますよね?

それって個人個人違うしね。

その言葉を使いたがる、
自分たちより少し「上の世代の人たちに対しての挑戦」
という意味でも、実体験で飾らずに
感じたことを話したかったんです。

アフィリエイトをやってみたかった。


これだけを見ると最終的にそれかよ・・・って
思われるかもしれませんが、本音です。

というのも、実際に起業するときに立ちはだかるのはどうしても
金、在庫、人材です。

そのうち、金と在庫については、
起業した当初から絶対にぶち当たる壁です。

よっぽどの製品や、仕入先、得意先を持たない限り、
在庫と金については、どんな優れた製品を売る場合でも
かならず、クリアしなければいけない関門です。

アフィリエイトについては、その問題を解決しつつ、
全国にいる自分は優秀だと思っている営業マン、
なんでも売れると豪語している営業マンが、
売り方ひとつ、アピールの方法ひとつで売ることができる
いわば、素晴らしいやり方なんです。

だから、営業を生業としている人間は取り組みやすくて、
かつ金・在庫をケアしなくてもよいという魔法みたいな話です。

だからこそ挑戦してみたい!ということでブログをはじめました。
以上長いですが、3点、自分がブログをやろうとおもったきっかけです。

「学びなおしで一歩踏み出そう!」

息子の中学受験という体験前のページ

行政書士試験 過去問対策について次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. 子育て、受験、習いごと

    二月の勝者:中学受験生の親御さんに必読書です!
  2. その他の資格・勉強

    資格勉強のお供!回答欄を印刷した紙と三色ボールペン!
  3. サラリーマンの書評

    一瞬の風になれ:サラリーマンの書評
  4. サラリーマンの書評

    ライジングロード 高嶋哲夫 サラリーマンの書評
  5. 仕事・出世・会社

    もはや政府の答弁は、かまいたちの漫才ですね。