行政書士資格

行政書士試験2回目挑戦へ。 モチベーションをなぜ回復できたか?


2014年1月に失敗してから、3年の月日が経ちました。
3年の間に、毒劇物の資格を取得していました。

しかし、法律系の本格的な勉強は、全く行わず、
加齢に伴う記憶力の減退と、脳内HDDの劣化が
著しく発現されていた状態でした。

また、運の悪いことに、この間に
行政不服審査法の大幅な改正がありました。

たたただ、もう一度勉強するために
立山連峰のように、高い壁がそびえていたのです。

なぜ、モチベーションを復活させることができたか?

・人生を変えた恩人の病気による価値観の崩壊。
・子供の受験の勉強の付き添い時間が多くなったこと。

この2点についてお話したいと思います。

価値観の崩壊

今の会社に転職したのは、
ちょうど今から12年前の2008年。

34歳の超イケイケで、
「自分は、世の中で一番優れた営業」
だと、勘違いをしまくっていた人間でした。

自分が数字を挙げて、偉くなれば、
会社を大きくすることも簡単だという思い上がりと、

どっから出てくるのか、
「俺に売れない商品は無い!」
という、根拠のない自信の塊でした。

今思えば、恥ずかしさの至りですが。。

そんな中で、今の会社の先代の社長は、
ビジネス的にも、人間的にも、技術的にも
すべての面で尊敬できる人でした。

自分の中では、
その人に尽くすこと=会社に尽くすこと=自分の出世
この方程式に凝り固まっていました。

ところが、先代が倒れて入院している姿を見たときに
自分の中での価値観が、かなりの勢いで崩れました。

価値観がくずれたというよりは、正直に言うと、
会社の中での、居場所がなくなるであろうことが
容易に想像がつき、恐怖が襲ってきたのです。

その恐怖って半端じゃないです。

自分が、その人に頼りきっていたことや
偉くなることしか考えていなかったこと。

つまり、これまでの自分の生き方が、
完全に否定されるんではないか・・・という恐れ。

この時に、初めて自分と向き合いました。
そして、妻からの言葉に耳を貸した覚えがあります。

本来20年前の就活のときや、大学時代に
もっと真剣に、考えなければいけなかかったことを、
40半ばで、初めて考える羽目になってしまったのです。

子供の受験の勉強の付き添い時間が多くなったこと


自分にとって・・・
という手前勝手な表現をするならば、

時を同じくして、息子が小学五年生で、
中学受験にむけてあと二年、という時期に差し掛かっており、

塾での勉強内容・ボリュームが、
かなり増加している時期でありました。

自分と妻(ほとんど妻ですが)は、できる限り、
息子が勉強するときに、横へ座っておりました。

勉強はダイニングでさせ、宿題・テストのやり直し等、
勉強のペースに関するマネジメントをしていました。

その時に、横に座ってガン見でチェックしていると
さすがに息子も嫌がるし、

かといってタブレットを見たり、本を読んだり
ということをやると、どうしても息子の気が散る・・。

ということで、一緒に勉強をやってみようと、
勝手に都合よく、自分で思ってやり始めたのが、
二回目に挑戦しようとおもったきっかけです。

自分の存在が脅かされる恐怖と、受験を迎えた家族という
極めて手前勝手な理由から、

ようやく中年サラリーマンは、重い第一歩を踏み出したのでした。

「学びなおし」で一歩、踏み出そう!

本を読むこと。小説。前のページ

燃えよ剣(上)をレビューします。次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. 仕事・出世・会社

    価値観の崩壊を感じる現在の40代サラリーマン。
  2. その他の資格・勉強

    資格試験受験時によくあるトラブル。いつもの力を出すために気をつけましょう!
  3. サラリーマンの書評

    首都感染 高嶋哲夫 サラリーマンの書評
  4. 行政書士資格

    残り6ヵ月!行政書士試験対策は十分ですか?ちょっとした工夫を伝授!
  5. 行政書士資格

    行政書士試験の合格体験記!資格Liveさんに掲載されました!!
PAGE TOP