行政書士資格

行政書士試験2回目の挑戦 条文素読&写条文。

以前にも書きましたが、私が一回目の受験を試みた2013年以降に

行政不服審査法に大きな改正がありました。

つまり、当時のテキストは使えない。。。どうしよう。。。

ほかにも改正点もあるみたいで、それも加えて勉強しなければ

ならない状態・・・です。

2回目受験を踏まえての、反省と序盤にやったことを

書きます。

・行政書士試験受験1回目の反省点おさらい!

・写本ならぬ、写条文!

・実際の自治体の取り組みなどもみてみよう。

1回目の受験の反省おさらい

・(反省)条文をよく読んでいなかった→(対策)行政書士試験用六法の購入。

・(反省)テキストをこなすことしかなかった→(対策)もう一度整理する

・(反省)過去問は単元ずつしか解かず→(対策)通しでの対応を行う。

・(反省)過去問に固執。→(対策)同じ問題は出ない。予想問題集を解く。

写本ならぬ、写条文!

本日はこの条文についての話です。

実は、冒頭にも書いたけど、大幅な改正があり・・

また脳内HDDからは完全にデリートされている状態で

かなり断片的な記憶しかない状況でした。

ここは、10代にやっていた勉強法を再度挑戦だ!ということで

無謀にも、条文の丸写しをしました。

行政手続法、行政事件訴訟法を。

その時に買った六法がこれ↓

ケータイ行政書士 ミニマム六法

小さくて持ち運びしやすいので非常に重宝しました。

さても無駄なことを・・と思った方が、多数だと思います。

でも、3週間くらいで終わった気がします。

良かったこととしては、

・条文をしっかり読み込めた(というより初めて読んだ)。

・同時にテキストの見直しも、より詳細にできた。

・精神的な落ち着きを取り戻せた。

悪かったこととしては

・かなり疲れた。

・ボールペンの消費が半端じゃなかった。

実際問題ですね、一回目の試験は殆ど素の条文を読まずに

テストをうけるなどというふざけた態度だったので、改めて、

通しで条文を読むと、テキストの理解は深まります。

実際の自治体の取り組みなどもみてみよう。

読んで書いているうちに、実際の自治体はどのように

対応しているんだろう・・ということで、ググりました。

政府広報オンライン:

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201605/1.html

 

意外や意外にも、結構わかりやすく実例を伴いながら

書いてくれているんですよね~

改正の背景や、地方公共団体における制度の利用状況など、

わりと楽しみながら見れるような形になってます。

行政書士って、役所に対する許認可の仕事やんな・・・

ここまで詳しく書いてくれてたら自分でできるんと違うやろか?

というような疑問もこの時にでてきました。

3週間かけてやった結果、行政法については、大枠の

枠組みをとらえることができて、それぞれの関係性を含めて

非常に身近に感じることができました。

少し遠回りになりますが、写条文はおすすめです。

「学びなおし」で一歩、踏み出そう!

燃えよ剣(上)をレビューします。前のページ

行政書士試験2回目の挑戦 民法の体系に気づく。。次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. その他の資格・勉強

    永久保存版:日商簿記2級試験 商業簿記勉強法の大いなる反省
  2. 行政書士資格

    行政書士試験、記述式の問題が話題になっていますね。
  3. サラリーマンの書評

    探偵小説オススメ2選!サラリーマンの書評
  4. 行政書士資格

    行政書士試験の合格体験記!資格Liveさんに掲載されました!!
  5. 行政書士資格

    行政書士試験 商法、会社法をどうこなすか?
PAGE TOP