行政書士資格

行政書士試験 2回目の挑戦 過去問。

1回目の受験の反省おさらい

・(反省)条文をよく読んでいなかった→(対策)行政書士試験用六法の購入。

・(反省)テキストをこなすことしかなかった→(対策)もう一度整理する

・(反省)過去問は単元ずつしか解かず→(対策)通しでの対応を行う。

・(反省)過去問に固執。→(対策)同じ問題は出ない。予想問題集を解く。

今回はこの過去問を通しで解くです。

購入した過去問題集

買った参考書は伊藤塾の行政書士年別過去問です。

 

「なんでもよかった」というのが、
正直なところです。

ただ、この問題集は、5年分掲載がまとめてあることと
解説が詳しかった、これが理由です。

本題の、1回目の反省です。

本当に恥ずかしいですが、会場について、
始め!で問題を開いて、憲法→行政法の順を知りました。

そこで慌て、スタミナ切れを起こしたことを
猛烈に反省し、とにかく、通しで解く練習をくりかえさなければ・・
との思いで、買いました。

ユーキャンの行政書士講座 の過去問集も、
良問ばかりでよいのですが、

現実的な話として、どういう問題が、
どういう順序で出題されるかを、

よく知っておくべきかということで、
1冊だけは、手に入れておくほうがよいと思います。

またやってしまったこと。


サラリーマン営業をやっている自分は、
EXCELを使って、集計をすることが多いです。

なんやったら、ピボットテーブルとか使って
分析とかもお手のもの、、、と、いきってます。

そうです。またやったんです。

解けた問題と、解けなかった問題を
5年間の分析をして、XLSに簡単な計算式まで組んで
何が出題されているか?法則性を見出すべく考えましたが、

これはすべて無駄な時間でした。
なぜか?

似たような問題は出ます。
でも、同じ問題は出ないんです

→でも傾向分析は必要や!
→俺も予測できるはずや!
→すごい有意義な時間や、俺ってすごい勉強してるやん。
→めっちゃ勉強したきになるわ!
→ハッ(何してんねん、無駄なことを)

っていうサイクルで考えるんですよ。

ちなみにこれに気づいたのが、
この2回目行政書士試験を受けようとおもってから
この短期間で2回目です。

こういうところでもカチコチってわかるでしょう?
苦労するんですよね。

自分の成功体験でしか人間って考えれないんで、
過去にやったパターンが必ず当てはまるって
無意識に思っちゃっているんですよ。

特に40代はやたら分析したがる生き物です。

2017年6月末時点


とにかくなんやかやで5周くらいはしました。
1日1年分で5年×5回で25日くらいですね。

2回目の挑戦は2017年3月下旬から始めて
・テキストやり直し1か月
・写し条文 1か月
・過去問 1か月

すでに、3か月を費やし、
残り試験まで4か月に迫っているのでした。。。

「学びなおし」で一歩、踏み出そう!

行政書士試験2回目の挑戦 ユーキャン行政書士講座神ってます。前のページ

行政書士試験 2回目の挑戦 予想問題集次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. その他の資格・勉強

    サラリーマンに資格が必要なわけ
  2. その他の資格・勉強

    理系の学生が取るべき資格は簿記やビジネス会計、情報技術者試験!オススメ理由を解説…
  3. 行政書士資格

    行政書士試験を再チャレンジするなら、過去問、予想問題を軸に!!
  4. その他の資格・勉強

    第157回 日商簿記2級試験の合格率、えぐすぎやん!!
  5. その他の資格・勉強

    コーンフレーク
PAGE TOP