仕事・出世・会社

2020年、新年の社長インタビューに思うこと。

サラリーマンの正月といえば、初出の日ですが、
今年で言えば、1月6日の方が多いのではないかと思います。

おおよそ、社長の訓示や、今年にかける思いなどを
聞いたり初詣をしたり・・・それぞれと思います。

年末から、年初にかけての会社のなかの
非日常感は、私は好きですね。

なんか新しい年を迎えるにあたって、事務所もきれいにしたり、
気持ちも晴れやかに、リセットして頑張ろう!
という心もできるため、毎年、楽しみに出社してます。

ところで、、NHKのニュースで以下の話がありました。

2020年 経営者へのインタビュー(今年をあらわす言葉)

・サントリー 新浪社長 →「米国大統領選挙の行方」
・アマゾンJapan    ジャスパー社長 →「動」
・ディーエヌエー 南場社長 → 「解放」

それぞれの特徴がでている感じですね。

サントリーさんのような伝統があり、
またグローバルな企業については、
やはり世界の動向が気になるのでしょう。

米国の政治の動向により、自社の業績の上振れ下振れが
かなり予想される為、外的な変化要因については、
いち早く情報を収集して、実行する必要があります。

一日の遅れで大損害を被ることもあるでしょうから、
こういったマクロ的な視点での感想になるのではないかと推察します。

アマゾンさんは、ジャスパー社長の動という言葉に集約されるように、
エネルギッシュな感じが短いインタビューですごく伝わりました。

印象に残ったディーエヌエーの南場社長「解放」


個人的に一番強く印象に残ったのは、
ディーエヌエーの南場社長の「解放」という言葉でした。

企業の中に閉じられたやりとりのみで仕事が成り立つ時代ではなく、
活動の場を広げるべきだ、というようなお話しでした。

また、スキル(能力)とウィル(意志)を持った人間は
もっと解放され、いろんな働き方ができる世の中になってほしい
とのこともあり、、、

まさにこのブログと同じく、サラリーマンがより活躍の場を広げるために、
どんどん意志をもって、能力をあげていくことを推進できる世の中にしたいです!

「学びなおし」で一歩、踏み出そう!

中学受験特集!関西最難関に向けて!激闘の秋!前のページ

営業の新年行事の必要性を考える。。。次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. サラリーマンの書評

    泣ける小説その4 勇者たちへの伝言 増山実:サラリーマンの書評
  2. 行政書士資格

    行政書士試験 3回目の挑戦 判例対策でやったことまとめ
  3. 行政書士資格

    改正民法は行政書士試験の独学者にとって厄介ですよね!おすすめサイトまとめ!
  4. 行政書士資格

    市販の模試は独学者には有効です!さあ行政書士試験にむけて解きまくろう!
  5. サラリーマンの書評

    デッドオアアライブ 楡周平 サラリーマンの書評
PAGE TOP