その他の資格・勉強

挑戦!日商簿記3級への道!問題を解く順番。


どの資格試験にもいえることですが・・・・

実際の試験が開始されたら、どの問題から解いていく?
つまり、着手する順序は、重要なポイントだとも言えます。

要は点数を確実に取らなければ合格をつかみ取れないので
どの問題で点数を稼ぐか?ということが重要なわけです。

日商簿記3級の点数配分

そもそもの日商簿記3級における点数配分は以下の通りです。

大問①仕訳                 20点
大問②いろいろ問題       10点
大問③残高試算表など    30点
大問④いろいろ問題       10点
大問⑤財務諸表          30点

どうです?この点数配分。
①,③,⑤で80%ですよ。

つまり簿記では、先日書いた大問①と
やはり大問③、大問⑤が最重要であると思います。
ここだけで80点ありますから、いうまでもありませんが。

大問③は試算表、
大問⑤は財務諸表(精算表もしくは貸借対照表等)
ですが、いずれも基礎となるのは仕訳です。

仕訳を整理していけば、回答に結び付くのです。

効果的な学習方法

前回の記事では、
大問①のヨコ時をおすすめしましたが、

次にやるべきことは、大問③のヨコ解きです。
それが終わった段階で、大問⑤のヨコ解きです。

ただし、最初のほうは、
表に転記するところはまずはおいておき
仕訳をきっちりやっていくことです。

つまり仕訳自体がきっちりできているか?
これに重点をおいて学習する方法が、
最終的には効率的な学習となります。

忙しいあなたには↓
簿記3級・2級セットコース[2020年6月~2021年2月検定対応版]

ヨコ解きのメリット

なぜ、ヨコ解きをおすすめするかというと、
仕訳のパターンをつかむことができるからです。

大問③なり、大問⑤なりで出てくる仕訳のパターン、
例えば減価償却であったり、そういうところはある程度、
慣れが必要ですので、ひたすら解くことで、パターンを
体と脳に覚えこませましょう!

作表、転記については、最後の追い込み時の2週間程度で
慣れていけばよい話なのです。

まずはきっちり仕訳ができるかどうかを問題を解きながら
確認することが一番重要なポイントです。

3級といえど、初学者であれば、仕訳は結構てこずりますよ!!

「学びなおし」で一歩、踏み出そう!

関西地区!中学受験お疲れさまでした!前のページ

挑戦!日商簿記3級への道!時間のつくりかた次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. 仕事・出世・会社

    営業がスーツを脱ぎ捨て、ワークマン作業着に!身も心もサイフも楽になります。
  2. その他の資格・勉強

    スタディサプリENGLISHを利用して、英語を学ぼう!!
  3. サラリーマンの書評

    国士 楡周平 サラリーマンの書評
  4. その他の資格・勉強

    【保存版】FP3級!!合格の為の勉強法まとめ。
  5. 行政書士資格

    行政書士試験 お疲れさまでした。
PAGE TOP