その他の資格・勉強

目指せ‼建設業経理士2級 直前期にやること。

建設業経理士2級試験まで、残り2週間の過ごし方です。
つまり、試験が迫ったときに、やるべきことを整理したいと思います。

・大問①の総整理
・大問④の理論の暗記
・大問③の原価計算パターン
・大問⑤の精算表の完成。

これで合格間違いなしでしょう!
あくまで個人的な意見ですが。。

建設業経理士2級の試験においては、
基本路線は過去問の繰り返しで十分です。
予想問題をする必要はありません。

過去問を集中的に何度もとくことで、
パターンを身につけ、本番にのぞみましょう。

 大問①の総整理

仕訳については、とにかく多くの問題を目にして
パターンを暗記とともに、体で慣れることです。

40代のおじさんは、何度も書くしかありません。

また、自分が間違えているところを中心に、
チェックし、記憶を定着化させることが重要です。

あとは、TAC出版ですと、
・過去の論点、
・出題パターンの分析
これらについて、丁寧な解説をしてくれているので、
さらっと見ておいたほうがよいと思います。

大問④(回によっては③)の理論の暗記

結構苦労しました。
最悪捨てる気持でもよいかもしれません。

しかし、過去に出た問題については、
2週間前くらいに、一度整理と暗記を実施し、
直前(前日)に再度、「脳みそにねじ込む」
くらいの対応で4点を確保しましょう。

大問③(回によっては④)の原価計算

大きく分けて2つのパターンに大別されます。
・工事別原価計算表
・部門振替表
のどちらかが出題されることが多いです。

いずれも、そこまで難しい問題ではないですが、
電卓の使い方がキーになります。

よかったら、過去の記事も見てください!

何度も過去問をといて、何を問われているかを
早めに察知しましょう。

そしえ、無駄なキー操作をなくして、解答欄を
埋めていくことに主眼を置いて、練習してください。

大問⑤ 精算表について

 

簿記3級でも経験したのですが、
この精算表とか決算関係の書類においてのまとめです。

試験上は勘定科目ごとに、きっちり合わす
必要があります(当たり前ですが)。

「転記ミス」や、「計算間違い」がいかにも
おこりやすいように誘導されている気が、
しなくもないのですが・・・。

そこは、丁寧に、早く完成させることが必要です。

建設業経理士2級ですと、基本的には
残高試算表/整理記入/貸借対照表の順で
記入表を準備してくれているのですが、

1)仕訳を計算用紙に記入
2)転記を正確に行う(借方、貸方を間違えない)
3)(一番重要)最後の貸借対照表のところまで
勘定科目ごとに結果を記入する。

つまり、3)が一番重要なんです!!

途中まで合っていても意味が無くて、
最終的に、貸借対照表の欄に記載される
回答で
得点が加算されます。

ですので、ある程度、仕訳がおわった段階で
精算表に、どんどん転記をする必要があります

ちょうどこの2週間前の時期から、
解答欄に埋める練習を積み重ねることで、
当日の試験をイメージすることができます。

ここが重要ですので、集中して勉強してください。

建設業経理士のホームページにも解答欄ありますので
印刷して、過去問を練習するとよいと思います。

リンク貼っておきます↓
https://www.keiri-kentei.jp/exam/past/index.html

※各回毎に、問題と解答欄をダウンロードできます。

「学びなおし」で一歩、踏み出そう!

建設業経理士2級 最速合格のツボ③よく見た動画2選前のページ

ユーキャン=行政書士試験の独学合格に効率をもたらす勉強法!次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. 行政書士資格

    行政書士試験 ポイントまとめにもってこいの動画。
  2. サラリーマンの書評

    ボトルネック 米澤穂信:サラリーマンの書評
  3. その他の資格・勉強

    簿記2級試験!勉強の実況中継⑤工業簿記、一旦完了です。
  4. 行政書士資格

    行政書士試験2回目の挑戦 ユーキャン行政書士講座神ってます。
  5. その他の資格・勉強

    簿記2級試験!勉強の実況中継⑰前向きに!
PAGE TOP