その他の資格・勉強

毒劇物取扱者試験 独学で一発合格を目指す勉強方法!


実はワタクシ、毒劇物取扱者についての資格も
持ち合わせております。

これについては、大阪の中小企業に勤める
私が仕方なく・・・取得した資格であります。

毒劇物取扱者受験のきっかけ

きっかけは、先代の社長が、高齢で引退するにあたり、
社内で毒劇物取扱の有資格者がいなくなる・・ということを
耳にしたところから始まります。

ですが、当社には化学系の学部をでた社員も何人か在籍し、
大学に申請し、所定の手続きを踏めば、有資格者になるのですが、
なんせ皆さん40歳以上。

何年いるかはわからんとなると、取った方が早いな・・
と判断し、勉強にいそしみました。

ところがところが、文系のワタクシは、あまり、
というか全く理科系科目、なかでも特に化学を
学生時代にまじめにやっていなかったこともあり、
それなりに苦労しました。

毒劇物取扱者とは?

毒物及び劇物取締法(昭和25年法律第303号)の定めに基づき、毒物や劇物の製造・販売などを行う事業所で
それらによる保健衛生上の危害の防止に当たる者をいう。

つまり、毒物及び劇物取締法において、

毒物劇物営業者(法第7条)と要届出業務上取扱者は
毒物劇物を取扱う施設ごとに、毒物劇物取扱責任者を置き、その者を届け出ることを義務づけられている

ということになっております。

要は、売る人については、きっちり管理する必要がありますよ。
なんせ毒物なんで・・・・



 

理系と文系の勉強方法の違いに驚く!

実際に勉強しながら、わからない箇所を会社の理系の人に
教えてもらう機会があり、そこで気づいたことです。

はっきり言って、文系と理系では
勉強法が極端に違うな・・と。

うちの社内でも実証しましたが。。
傾向としては、こんな感じです。

・文系:
基礎化学、毒劇物の性状→苦手。
法令→40条くらいなので普通。いわば丸暗記です。。。

・理系:
基礎化学→得意。高校レベルなので余裕。
毒劇物の性状→ちょっと努力する必要あり。
法令→かなり苦手。。

文系の人間からすると、理系の人々の
勉強の仕方って独特に見えます。

全ての問題を考えるし、思い出そうとするし、
すべて理解をしようとする。

例えば、毒劇物の性状について、ひとつひとつの物質を、
なぜこれがこうなってこうなるのか?どうだったかな・・・
を考えようとするのですごく時間がかかる。

文系のワタクシからいわせると、すごくまどろっこしい。
ていうか、時間かけすぎ。。

なんで、文系のワタクシが、一発合格した方法を皆さんに伝授します。

独学での勉強方法について

基本的には過去問を解くことと、出題傾向分析することをおススメします。
そこまで難しい試験ではないので、過去問以外はやらなくても良いです。

過去問何度もやることで、自ら傾向と対策は打てると思います。

関西広域連合になったため、傾向はなんとも難しいところですが
やり方はそんなに変わらないと思います。

①法令について

・条文は27条くらいなので、丸暗記してください。
これ無理・・ていう方は、まずは読んでください。
基本は条文にあります。

・暗記が無理な方は、おおよそ第何条になにがかいてあったな?
というレベルの暗記で構いません。

・それもめんどいわ・・というかたは、一枚のレポート用紙に
各条項のうえにかっこがきがありますので、それを書いてください。

例えば、第四条 (営業の登録)とか、、、
そうすれば、どこに何が書いてあるかを把握できます。

・それもめんどくさいひとは、条文を印刷してください。

・そのうえで、過去問を3回解いてください。

そして答え合わせをしながら、出題されている条項をチェックしてください。
おそらくそんなに分散していないことがわかるでしょう?

どこを問われるか?を知り、どのように問われるか?の
パターンを知れば、おそらくもう法令科目はお手の物です。

②基礎化学について

・高校の化学の教科書が残っていれば、
それを逆引きするのが一番早いです。

・過去問を解いてわからないことが多いので、
その教科書をみながら、わかろうとするしかないです。

・これについては、正直ワタクシも一番時間がかかりました。
理解しようとせず、こんなもんだということでの勉強が一番早いです。

・とにかく過去問です。ここは。



 

③毒劇物の性状について

大阪の場合は、25問のうち、20問程度は、
過去に出題実績のある、毒物劇物についての問いが
ほとんどを占めている状態でした。

まず最初にしたことは、
大阪府のページから過去問をダウンロードして、
xlsに各年度ごとに出された物質をまとめて、表にしました。

例えば、アンモニア、硫酸はほぼ毎年出てます。

・すると、ある程度の傾向をつかめます。
つまり、ここで覚えるべき物質と、捨てる物質の区分けをするわけです。

ワタクシが見る限り、理系の方はこの「捨てる」という行為ができない。

全て理解しようとするのです。文系のワタクシには
到底、考えることのできないやり方です。

要は受かればよいので、捨て問を堂々と作ればいいのです。

以上のやり方で、
法令と毒物劇物について、80%以上の点数を獲得し、
あとは、基礎化学で50~60%とれば、余裕で合格します。

こうすれば、約2ヵ月ほどの勉強で十分独学で合格しますよ!

「学びなおし」で一歩踏み出そう!

建設業経理士2級 試験当日の様子。前のページ

サラリーマンの書評:新選組血風録次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. 仕事・出世・会社

    副業、どんどんやりましょう!!現在の稼ぎは○○円・・状況をお話します。
  2. その他の資格・勉強

    FP3級、独学取得!学習の実況中継⑤TAC
  3. サラリーマンの書評

    パンデミックをシミュレート!?「サリエルの命題」 楡周平 :サラリーマンの書評
  4. 仕事・出世・会社

    ~したく。っていう文章はどう思われますか?
  5. その他の資格・勉強

    建設業経理士試験の申し込みが始まります!
PAGE TOP