その他の資格・勉強

日商簿記3級まで残り2週間!一発合格のために今やるべきこと!

日商簿記3級試験まであと2週間となりました。
これからあと2週間でやるべきことをまとめたいと思います。

今日の目次はこいつらだっ!
・仕訳パターンの暗記精度を高める。
・大問③の試算表については、完全に完成させるところまで追い込む。
・大問⑤精算表もしくは貸借対照表、いずれのパターンも
対応できるように、完成までの時間を計測しながら勉強する。
・電卓の使い方を極めましょう

仕訳パターンの暗記精度を高める。

日商簿記3級においては、勘定科目ごとの仕訳パターンで
そこまで変則的な問題はでません。

ごくごく普通のパターンなので、最後に暗記の精度を高めるために
大問①③⑤の仕訳だけを何度も解くことが必要です。

結局、書いて覚えるしかありません。
頭でできる人は頭でやればいいと思いますが、40代が
これやると必ず脳みそが炎上します。

絶対に手で覚えさせるほうが早くて確実です。

減価償却費
固定資産売却益
立替金
仮払消費税
繰越商品
未収金
前受金
貸倒引当金繰入
償却債権取立益・・・

あえてばらばらに記載してますが、
こういう代表的なよく出題されるような勘定科目
については、勝手に手が動くようにしましょう。

要は、たくさんのパターンを確実に、体に覚えさせるために
毎日、裏紙を大量に持ち歩き、暇さえあれば、電卓とともに
取り出して、仕訳をするのがおすすめです。

ハリー・ポッターを観るなら<U-NEXT>

大問③の試算表については、完全に完成させるところまで追い込む

配点が28から32点ですので、ここは落とせないところです。
もちろん部分点がありますので、頑張りたいところです。

ポイントとしては、試算表の借方と貸方の合計は必ず一致します。
ここを必ず押さえてください。

ただし、これは完成までもっていった場合です。
完成ばかりに目をとられて、時間があっという間に
なくなる可能性もなきにしもあらずです。

①まずは、仕訳→転記を確実に行うこと。
②勘定科目ごとにきっちり転記されているかの検算
で、とどめておくのもアリです。

合計の計算は最後まで問題と解いてからにする。。
というのも手ですよ。

精算表もしくは損益計算書(大問⑤)

仕訳のパターンは少しひねってくることもありますが
まずは確実に↓の仕訳はこなせてますか?

減価償却について
貸倒引当金について
費用と収益の前受け、前払い
費用と収益の未収、未払い
売上原価の算定

これらは、ほぼほぼ確実に、毎回出題されます。
ここはおさえておいて、
あとは、何度もフォームに書いてみましょう。

電卓の使い方はおさえてますよね?

電卓は、使い方ひとつで、時間をかなり
有効に活用することができます。

過去の記事を参考にしてください↓

まとめ

簿記3級を取ると、世界は間違いなく広がります。

簿記における基本能力を取得することになるため
一つ一つの会社の資料の見方が確実に変わります。
そして何よりも自信が付きます。

「学びなおし」で一歩踏み出そう。

サラリーマンの書評:スタンフォード式 最高の睡眠前のページ

黒字リストラだと?就職氷河期時代のサラリーマンよ、立ち上がれ!次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. サラリーマンの書評

    「半沢直樹」倍返し!は、もはや伝統芸能の域に。。
  2. その他の資格・勉強

    建設業経理士試験に向けて!当日の実体験など!
  3. 行政書士資格

    行政書士試験、通しで解く練習をしてくださいね。
  4. サラリーマンの書評

    鬼滅の刃!完結しましたね。続編よみたいな。。
  5. その他の資格・勉強

    簿記2級試験!勉強の実況中継②