その他の資格・勉強

黒字リストラだと?就職氷河期時代のサラリーマンよ、立ち上がれ!

2020年、コロナウィルスの話題が沸騰してますが、
東京オリンピックなどの景気のいい話の裏側で年明け早々から、
黒字リストラなる文字が暗躍する今日この頃です。

このブログの主たるテーマである、学びなおし・・・
を、あおってくれているかのような、マスコミの取り上げ方です。

今日は、中小企業の経営陣という立場と
サラリーマンという双方の立場から、
黒字リストラについての考察を書きたいと思います。

①黒字リストラとは?

経営コンサルタントの横山信弘氏によると

 「企業が好業績であっても、将来を見越し、人員削減に踏み切ること」

ということです。

これまでのリストラと違うところは
好業績であっても、いや、好業績だからこそ
将来を見据えた、人員整理を行える体力があるうちに、
スリムになっておこう・・ということです。

2019年の黒字リストラ実施例

・みずほ証券:50歳以上の早期退職を募集(2019/12/5更新)
・朝日新聞:高額な退職金を餌に早期退職を募集(2019/12/4更新)
・三井E&S:グローバル競争の末に1,000人のリストラ(2019/11/9更新)
・セブン&アイHD:アマゾン・エフェクトにより3,000人のリストラ(2019/10/11更新)
・キリン:業績好調のなかでのリストラ着手(2019/9/27更新)
・日産:全世界で1万人超のリストラ(2019/7/25更新)
・損保ジャパン:介護分野へ配置転換という名目でのリストラ(2019/6/24更新)
・富士通:リストラ目的の早期退職制度で2,850人が応募(2019/5/27更新)
・三菱UFJ銀行:店舗の大量閉鎖とリストラ(2019/5/21更新)

②黒字リストラの背景としてよくのべられていること。

1.不況に備えて企業をスリムにしておく。

もっともらしく聞こえるのですが、
これってすなわちサラリーマン社長が増えて、

信念をもって商品開発や、
サービス開発を実行する社長が少なくなった
いや、いなくなっただけのことです。

見通せないんですよ。未来を。

そりゃそうでしょう。

日本にあった生産技術のすばらしさを惜しげもなく
海外にレシピ付きですべて分け与えてしまったのですから。。

いま大企業には、とにかくコストを優先に考えるしかない能力の
人間ばかりがのこっているのですから、自明の理です。

2.雇用の流動性が以前より上がったこと

聞こえはいいですが、要は会社が社員を守れなくなったことです。

小泉内閣の頃に、自己責任という言葉がでてきましたが、
そのあたりから愛社精神=自分の会社のことを「ウチは」と
いう社員が減ってきたように思います。

その結果、流動せざるを得ない状態になっているのが
正解だと、私は考えてます。

実際、トヨタの社長も、終身雇用を守れる状態にない・・
という言葉が、先走って報道されてしまいましたが、
世間的にはそういう気分になっている・・・ということです。

③働きかた改革

そんななかで出てきた働き方改革!

黒字リストラ万歳!=ちゃんと退職金ださないとリストラもさせないよ!
残業だめ! 勝手に首切るのもだめ!

おじいさんの雇用はちゃんと守りなさい!
副業万歳!=自分の身は自分で責任もって守ってね。

というまさに小泉内閣が提言した
「自己責任」
を地で行く生き方を要求されているということに、
サラリーマンは早く気が付くべきです。

と、同時に経営者の視点として言わせてもらうと、
固定費をいかに変動費にするか?ということは
常日頃から考えておくべきことです。

ただし、
やはり企業という集団の舵をとるには
金だけじゃなくて、夢も必要です。

こういうことがやりたい、
この方向にむかって商品を開発して、
こういう人の役に立ちたい。
こういう人を助けたい。

今、企業のトップなり、働いている人が
こういうことを考えて働いているでしょうか?

昔は少なくとも、社員はおおよそ、
みな同じ方向を向いていたと思います。

④60代、70代を守るっておかしくね?

2019年11月に大阪商工会議所で開催された
マーケティングライターの牛窪 恵先生の講演に参加しました。

非常に為になりましたし、このブログをやろうというきっかけに
なった言葉「学びなおし」をいただきました。

私たちの世代(1972~78年生まれ)の人は
貧乏クジ世代という呼ばれ方だそうです。
またの名を就職氷河期時代。

少し上がバブル世代、その上が団塊世代。
少し下がロスジェネ世代、その下がゆとり世代。
私たちの氷河期世代が一番損をしている世代だそうです。

そして、今回どうやら黒字リストラの被害に合いそうなのは
もろに私たちの世代っぽいのです。

おかしくないですか?

社会人になってから、なかなか下の世代も入ってこず
無能な上の世代は、ずっと居座られ、
飲みにケーションとかクソみたいなこといって、
気楽に会社員生活してきたやつらに比べて、
どれだけの努力をしてきたか?

だから、もう、会社のため・・
なんて言って耐える必要ないんです。

いつの時代も、好き勝手にやってきて
日本を借金大国にした張本人である60代、70代の
言いなりになる必要があるのでしょうか?

70歳まで雇用を守る法令を整備する?
いるの?そんな法令?

愛社精神という名のもとに、自殺においこむ
バカ上司のもとで働く必要があるのでしょうか?

結局いまの60代の人間がつくった
4M変動だ、環境規制だ・・とかバカみたいなルールに
がんじがらめにされて、夢を失っている大企業の人間を
みていると、本当に哀れでなりません。

まとめ:今こそ、就職氷河期のサラリーマンは自立が必要!

だから、そこを抜け出すためには、学びなおしが必要なんです。

是非、この黒字リストラというクソみたいな言葉を、
ポジティブにとらえるためにも早く自分で立つ力を
サラリーマンの方につけてほしいと思います。

歴史は繰り返されます。
下剋上はどのようにしておこったのか?
幕末の明治維新はなぜおきたのか?

いずれも肥大化して、形骸化した組織がもたらす弊害を
取り除くために、腕をもった人間たちが立ち上がったことに
端を発してます。

いま、世間ではフリーランスという名で、企業に頼らず
自活している人間が、たくさん出現してきてます。

こういう人たちが、徒党をくめばどうなるか?
そう、歴史は繰り返されるのです!
そうならないためにも・・

「学びなおし」で一歩、踏み出そう。

追伸:感情でブログ書いたらあかんのはわかってますが、
どうしても・・・書いちゃいます。反省。

日商簿記3級まで残り2週間!一発合格のために今やるべきこと!前のページ

1990次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. サラリーマンの書評

    声に出して読みたい日本語:齋藤孝 サラリーマンの書評
  2. その他の資格・勉強

    ビリーズブートキャンプでストレス発散!!
  3. 仕事・出世・会社

    パソコンを見ながら商談する人へ。
  4. 子育て、受験、習いごと

    関西中学受験直前特集!前受けについて
  5. 行政書士資格

    行政書士試験の合格体験記!資格Liveさんに掲載されました!!
PAGE TOP