サラリーマンの書評

サラリーマンの書評:国盗り物語。「麒麟がくる」や「信長を殺した男」等が話題ですね。

今年2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」が、
始まっておりますが、まさに国盗り物語で描かれている
美濃の国の攻防について、物語が展開されております。

また、漫画の世界では「信長を殺した男」が流行ってますね。

TSUTAYAのレンタルコミックでもずっと借りられっぱなし。
本屋でもセット売りをしているところを見ると、
おそらくかなり売れ筋なんでしょうね。

そんなこんなで、
今年は私は新選組を推してますが、同時に
本能寺の変にも、フォーカスがあたる年でありましょう・・。

国盗り物語について

新潮文庫版でいいますと、第一巻~第四巻まであります。

前半部の第一~第二巻は、斎藤道三が主人公で
第三巻、第四巻は明智光秀、織田信長が主人公
という変則的な物語になってます。

初めて読んだのは高校生のころでしたが、
逆賊、明智光秀というふうに教えられてきたことを
真っ向から否定する明智光秀像が描かれていたことに
ビックリ!

子供ながらに、明智光秀が、師匠である斎藤道三から
文化、芸術、鉄砲、戦の方法など素晴らしい教えをうけた、
すこぶる秀でた武将、であったんだという風に印象に残ってます。

光秀=道三の師弟関係と信長=道三の親子、師弟関係が
うまく描かれており、戦国時代を終わらし、新しい日本を組み立てる・・
ということを書いている小説です。

ただ、その描く姿は信長、光秀と異なってはいましたが。

いずれにしても、斎藤道三が油問屋を乗っ取り、
そしてその乗っ取りをきっかけに、美濃一国を牛耳り、
かつての教え子であった二人の武将が、やがて日本を
統一しようという、壮大なまさに「国を盗む」物語です。

是非読んでほしいです。

本能寺の変の謎

なぜ、本能寺の変を起こしたのか?
いまだ諸説あり、解明はされていないですが、

私自身はいろんな説が出てくる毎にワクワクしてます。
冒頭に書いた「信長を殺した男」のような説もあるでしょうし、
「信長の棺」のような説もあるでしょう。

答えはどちらにしても、タイムマシンが開発されない限り
わかりませんもんね?

いろんな資料や本をよみながら、想像するしかありません。

ただ、資料というのも曲者で、資料というのは
常に勝者が書いた歴史であるということです。

皆さんの近くにもあると思います。
サラリーマンならよく経験するでしょう?

支店長や部長が変わったら、過去のやり方はすべて否定され
新しいトップのやり方にすっかり塗り替えられる・・・・

あれと同じです。あれが歴史の資料でも
普通に行われていることだと思えばいいのです。

「学びなおし」で一歩踏み出そう。

1990前のページ

キッズマネースクール:子供にお金の教育ができる体験をしませんか?次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. 行政書士資格

    2021年度、行政書士試験にチャレンジする方へ!!
  2. 子育て、受験、習いごと

    関西中学受験も、終わりました。お疲れさまでした。
  3. その他の資格・勉強

    毒劇物取扱者試験 独学で一発合格を目指す勉強方法!
  4. 行政書士資格

    時間があるな・・。そうだ!判例集を読もう!!
  5. 仕事・出世・会社

    働き方が変わる?考え時ですよ、ホワイトカラーの皆さん!
PAGE TOP