子育て、受験、習いごと

二月の勝者:中学受験生の親御さんに必読書です!

関西では1月に受験が終わり、2月から新年度が始まってます。

ウィルスの感染拡大で、浜学園も、
どうやら3/2から3/15まで休校となるとの案内が出ています。
https://www.hamagakuen.co.jp/

いきなりブレーキを踏まれる形になりますが、
やるべきことは、はっきりしていますし、

この時間を利用して、弱点の補強を徹底して
実施すべきだと考えます。

さて、今日ご紹介する本(漫画)は、「二月の勝者」です。

はっきり言って、受験生を抱える親御さんにとっては必読の書です。
私たちが体験したことを、こんなにもわかりやすく書いてくれている
漫画があるなんて・・・少しずるいと思いました。

よみどころポイント

・受験を「自分ごと」にするための方法
・親子ともに極まっていく
・塾との対話が大切であること

受験を「自分ごと」にするための方法

中学受験ですべきこと3選については、
以前のブログ記事で書かせていただきました。

やはり受けようとする学校には、早めに訪問し
学校の雰囲気を知ることです。

親御さんもさることながら、
お子さんがその学校に対する印象も、
行ってみて初めてわかることが多いので、
早い段階で参加したほうが、よい方向にむきますね。

浜学園では、GW等に開催される学校の文化祭には
塾から参加するプログラムも、あったりしますので
うまくそういったイベントを利用しましょう。

この漫画でもそのあたりをうまく描写してます。

親子ともに極まっていく

はっきり言って、親もかなりしんどいのが受験です。

親御さんが、自分で教えることができればいいですが、
教師という仕事を選択していれば別ですが、
普通のサラリーマンでは、親が教えることが逆効果になります。

となると、お子さんの勉強内容については、
はっきり言って、塾にまかせてしまわなければなりません。

マネージメントに徹しなければいけないのですが、
そこは情が入っている分、そのコントロールが非常に難しい。

ゆえに、先に親御さんのほうが参ってしまうことも多々あります。
実際、何度もくじけそうになりました。

そのあたりの心理描写と、塾側の視点を書いてくれているため
非常に参考になります。

 

塾との対話の重要性

営利団体である塾も、当然、利益を追求される立場ですから
優秀な生徒を一人でも多く確保して、合格者を輩出する!
という、極めてシンプルな立ち位置が要求されます。

つまりは実績確保のために、いろんな手練手管があるわけです。

「二月の勝者」では、そのあたりを主人公の黒木が、
どぎついキャラで際立たせていますが、

実際ここまでの人間はいないにせよ、やはり実績が欲しいんだろうな・・
というようなことに出くわす場面は結構あります。

ただし、そこはこちらもうまく活用すればいいんです。
すべてを塾の責任として押し付けるわけでもなく、相手の立場を考えながら、
話をするとコミュニケーションとしてはうまくいきます。

うちの場合は、小学校6年の9月ごろまでは、
本当に、最低限の会話しかしないようにしていました。

そして、絶対にクレーマーと思われるような行動はしないように、
つまり塾側にとってはいいお客さんであることを徹底することで、
塾側も安心してもらっていたと思います。

そうすれば、志望校を伝えた場合もスムーズですし、目指す場合の障壁、
課題や併願校もちゃんとアドバイスいただけます。

まとめ



うまく塾と付き合うためにも、この「二月の勝者」は絶対によむべきです!!

まだまだ来年1月までは長丁場ですが、
ここから夏までのスタートが、後で余裕を生むことになるので頑張ってください!

「学びなおし」で一歩踏み出そう!

銀翼のイカロス:サラリーマンの書評前のページ

ネットスーパーの活用もありですよね。外出せずに届けてくれます!次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. その他の資格・勉強

    さあ次は宅建試験か!という物語。
  2. その他の資格・勉強

    明日はFP試験です!やったります!!
  3. 行政書士資格

    合格革命 行政書士 法改正と直前予想模試 2021年度 
  4. 行政書士資格

    行政書士試験、通しで解く練習をしてくださいね。
  5. 行政書士資格

    駆け出し行政書士さんのための実務の手引~市民法務編