行政書士資格

行政手続法のまとめポイント伝授!行政書士試験対策!

このブログでは、
主に、2018年度の行政書士試験に合格した私の実体験をもとに、
勉強方法や取り組み方をメインにして、記事を構成しております。

過去記事↓

ですが、
個別の法律に対する解釈・・であるとか、
問題対策・・というのは、法学部の出身でもない私が語るのは、
おこがましいということで、ほぼ語ってきませんでした。

しかしながら、少しでも受験する方の役に立てれば・・
ということで、一番配点の多い分野である、行政法関連については、
ちょっとずつポイントをお話していこうと思います。

まず本日は行政手続法についてのお話です。

行政手続法とは?


まず、行政手続法とはというところをしっかり理解しましょう。
そう、条文の1条1項を、まずは読んでみましょう!!

行政手続法は、行政手続に関し、共通する事項を定めることによって
行政運営における公正の確保と、透明性の向上をもって図り、
もって国民の権利利益の保護に資することを目的とする。

でもこの条文だけだと何を定義しているかを
すべて理解するのは難しいですよね。

ざっくりいうと、下のような事項に対して
行政庁又は行政機関が経るべき手続等を定めています
①申請に対する処分
②不利益処分
③行政指導
④処分等の求め
⑤届出
⑥パブリック・コメント)

つまりは、まず初学者が抑えるべきは、これら①~⑥の意味です。
これは、総務省のHPが一番、簡潔にわかりやすく書いてくれてます。
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/gyoukan/kanri/tetsuzukihou/gaiyou.html

この内容を、付箋とかにまとめて書いて
ケータイ行政書士ミニマム六法に張り付けておけば、いつでも確認できます。

試験の出題ポイントとして

基本的には、答えとなる部分を書くつもりはありません。

自分の頭でまとめるためのきっかけとして、
「私はこういう感じで、まとめていました」
ということを書いてます。

要は、自分で整理することで力が付くとともに、
応用が利くようになるからです。

①の申請に対する処分

→法的義務と努力義務を自分なりに整理してください。
どの場合には義務なのか、役所としての対応はどうすべきか?
これが条文の5条から、10条に書いてます

②不利益処分手続

1)まず、何が努力義務なのかをまとめてください。

2)不利益処分に至るまでのプロセスを理解してください。
・聴聞に該当するケース
・弁明の機会の付与に該当するケース
・それ以外は?

3)理由の提示に関する整理をしよう!
→これは行政不服審査法、事件訴訟法との比較をしておく必要あり。

4)聴聞に関する整理
・通知の方式、代理人、参加人について、まとめられていますか?
・文書の閲覧について整理できてますか?
・実際の実施にあたって、参加者や主宰者の関係や事前の書類提出、
開催後の報告書などについて整理できていますか?

5)弁明の機会の付与
・どういう場合にできるのか?
・準用されている人はどこまでの範囲か?

③行政指導

35条をしっかり整理しよう。
どのケースで何を明示するのか?ということがよく問われます。

また、書面の交付が必要な場合についても同じくです。

④処分等の求め

平成28年度の問題に出題されております。
その過去問を参考にしながら、
どのようなことがとわれるかを整理してみてください。

⑤届出

義務が履行されたものとするタイミングについて覚えておいてください。

⑥意見公募手続

努力義務と義務の整理をする必要があります。
また、期間についても整理しておく必要があります(地方自治法とも比較要)

必要でない場合のケースはどんなものがある?ちゃんと言えますか?

まとめ

1)まず、法律の体系を大きくつかむ。
行政手続法であれば、大きくはこの6点を実施する際の決め事なんだ。
・・・という理解を骨格として持って置く

2)そのうえで、試験でひっかけられそうな、入れ替えが利く項目について
(例えば、努力義務と義務とか期間とか)自分なりにまとめて、六法に貼っておく。

3)まずはテキストを読み、条文をまとめることで理解していく癖をつける!

結構時間かかるんですよね。
だから、4か月で合格とかって本当かな・・・と思います。

自分はかなり問題をやりこんで、癖をつかんでからまとめをやりましたが、
事前にもっとこの点をまとめておけば、応用ができたと悔やんでますが・・・

学びなおし」で一歩踏み出そう。

マルチクリーナー:強アルカリ電解水で除菌効果抜群!!前のページ

行政書士試験で、過去問の対策は必要でしょうか?次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. サラリーマンの書評

    ロシアを知る:サラリーマンの書評
  2. サラリーマンの書評

    仮想集団 山崎豊子 サラリーマンの書評
  3. その他の資格・勉強

    次の目標は、何にしますか?簿記の受験を考えませんか?
  4. その他の資格・勉強

    宅建士は○○へのパスポート!意外と知られていない事実です。
  5. その他の資格・勉強

    挑戦!日商簿記3級への道!当日の様子。
PAGE TOP