仕事・出世・会社

日本社会が混乱に?

このウィルスパンデミック、いやインフォデミックで
間違いなく社会や働き方は大きく変わるでしょうね。

サービス業、特に外食関係は、壊滅的な打撃をうけるでしょうし、
観光業もいうに及ばずです。

あと、マスコミは全く報じませんが、
中小企業もおそらく相当、淘汰されるでしょう。

理由は、自動車の不振にあります。
日本の自動車関係の就業人口って550万人といわれ
うち、部品製造業は80万人です。

なんと、日本の製造業の約20%が、自動車にかかわってます。
https://zuuonline.com/archives/102438
そのインパクトたるや想像を絶しますよね。

ましてや、今のこの状況で、耐久消費財の代表格である
自動車を買いますか?買わないでしょう。

でも、不思議なことに、部品メーカーは製品を作り続けています。
なぜか?

自動車メーカーから、発注の延期などの情報が来ないからです。
だから、部品メーカーは延々とつくり続けなければいけない。

もし、欠品しようものなら、ラインストップ補償を要求されて、
それこそ会社がつぶれてしまうからです。

マスコミも、自動車関係のネガティブな報道は殆ど流しません。
なぜなら、大口の広告の顧客だからです。

私たちは、こうやって恣意的に作られた情報に流され、
知らぬ間に、日本は取り残される可能性が、非常に大きいです。

かつての電機メーカーが、同じように衰退しましたよね。

デジタル化のおおきな波があり、世界中どこにいても、
同じようなものが作ることができる環境が、整ってきたにも関わらず
そこには全く目を向けず、日本のモノづくりを絶賛しつづけた。

そして、あたかも家電大国であるかのような錯覚を、
マスコミが与えつづけた結果、シャープやパナソニック、
SANYOはどうなったでしょうか?

人間がすることなので歴史は繰り返します。

自動車業界が、その後も生き残っているのは、
・命を預かる機会なので、そうそう簡単に部品を切り替えられない。
・電機メーカー→樹脂切削品と電子部品、基板
自動車→鋳造や鍛造などのまだ日本の器用なモノづくりが必要な世界

こういった理由にすぎません。
ですが、それも自動車が売れている前提だったから成立してました。

今は・・・・全く、売れてません。
こうなると、本当に日本社会の先行きが本当に不透明です。

サラリーマンは、今、勉強しなおさないと、本当に大変なことに
なりますよ。失業者であふれかえる前に、自分の食い扶持くらいは
担保できるようにしておきましょう!

「学びなおし」で一歩踏み出そう!!!

行政書士試験まで残り7ヵ月!これをやったら落ちます⁉前のページ

行政書士YouTuberまとめ!完全に個人の独断です!次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. その他の資格・勉強

    挑戦!日商簿記3級への道!当日の様子。
  2. 仕事・出世・会社

    東証システム障害の真相は?元富士通の営業がわかりやすく解説します。
  3. 行政書士資格

    残り6ヵ月!行政書士試験対策は十分ですか?ちょっとした工夫を伝授!
  4. 仕事・出世・会社

    声のかけかたって難しい?考えすぎでしょうか?
  5. その他の資格・勉強

    簿記2級試験!勉強の実況中継⑲受験票
PAGE TOP