行政書士資格

行政書士試験の予想問題集を解こう!過去問よりも実践的です!


そろそろ・・・発売されてきましたね。
そう、行政書士試験の予想問題集です。

過去の記事でも申し上げてますが、
行政書士試験の特徴として、同じ問題は出題されません。

ニュアンスが難しいのですが、
同じような問題、つまり、論点や条文が似たような感じ
という問題は出題されますが、全く同じ問題は出ません。

一応、難易度の高い資格なんで、それなりにひねってきます。
だから、過去問だけを解いていて、分かった気になるのが一番よくないことです。

中学受験で、浜学園の学園長がよく言われる言葉として
「初見の問題をいかにポイントを見つけて解くか!」
ということを言われます。

これはそのまま資格試験にあてはまるな・・と思いながら、聞いてました。
※中学受験と一緒にするな・・という意見は言わないでください。

つまりまずは、予想問題を解くにあたり・・
・過去問で分かった気になる。
・予想問題集を購入する!
・初見の問題を解いて、打ちのめされる。
・間違った問題の条文を確認する。
・判例の意図、結果を再度確認する。
・再度、説いてみる。

上記のプロセスの繰り返し行うことで
・正しい記憶として、知識を定着化させ、
・応用が来たときや、ひねってきたときにも
慌てず対応ができる、という風になるということです!

ですので、過去問ばかりやっても、応用ができないため
大抵のサラリーマンは、当日の試験でビビると思います。

※俺は違う!という方もいらっしゃると思います。
そういう方は、元来、優秀な方だと思います。

そして何よりも、素人が予測するよりも
その道のプロが考える予測の方が、正しいのは自明の理です。

迷う必要はありません。
まずは、購入して解いてみましょう!

それが合格への近道です。
これはもうやるしかない!!

「学びなおし」で一歩踏み出そう!

プラチナタウン 楡周平:サラリーマンの書評前のページ

働き方が変わる?考え時ですよ、ホワイトカラーの皆さん!次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. 仕事・出世・会社

    ウェブ会議による、新たなパワハラというかコミュニケーション問題。
  2. 行政書士資格

    合格革命シリーズの出版社である早稲田経営出版ってどんな会社?
  3. サラリーマンの書評

    雨の狩人 大沢在昌 サラリーマンの書評
  4. 行政書士資格

    行政書士試験2回目の挑戦 条文素読&写条文。
  5. 子育て、受験、習いごと

    藤川球児さんと、上原浩二できゅうじこうじ??
PAGE TOP