サラリーマンの書評

ペスト サラリーマンの書評

感染症を描いた小説です。

過去にもこんな書評を記しましたが、、

驚くべきは、何と1947年に書かれた小説が
この騒ぎでまた、脚光を浴びているということ。

フランス植民地時代のアルジェリアのオラン市が舞台です。

主人公の医師が鼠の死体をいくつか発見し、
ついで原因不明の熱病者が続出する事態に。。。

そう、ペストの発生です。

完全封鎖された孤立状態のなかで、必死に「ウィルス」と闘う市民たちの姿を、
歴史物語のように淡々と叙述する形で展開します。

今と同じですよね。

学校や企業もどんどん休みになる中、人間性というか、
これまでの生きてきた人生をも、否定されるような感覚に陥ります。

こういった災厄的な状況、いわば不条理と直面した時に、本当の人間性がでるということです。
解説が抜群だったので、そのまま引用します。

本書「解説」より
ペストに襲われ、外部とまったく遮断された一都市のなかで
悪疫と戦う市民たちの記録という体裁をとったこの物語において、
ペストの害毒はあらゆる種類の人生の悪の象徴として感じとられることができる。

死や病や苦痛など、人生の根源的な不条理をそれに置きかえてみることもできれば、
人間内部の悪徳や弱さや、あるいは貧苦、戦争、全体主義などの政治悪の象徴を
そこに見いだすこともできよう。
(後略)――宮崎嶺雄(訳者)

何とはなしに、今の状況と重なります。
ウィルス=悪、そして、政治悪という風につながっている
今の日本を風刺しているように思えてなりません。

「学びなおし」で一歩踏み出そう!

行政書士試験、各予備校の模擬試験の受験は必要か?前のページ

日商簿記3級試験まであと50日。最速、独学で取得しよう!次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. その他の資格・勉強

    挑戦!日商簿記3級への道!最速合格への電卓の使い方。
  2. サラリーマンの書評

    遺言 闇社会の守護神と呼ばれた男、その懺悔と雪辱 田中森一:サラリーマンの書評
  3. その他の資格・勉強

    FP3級、無事合格。
  4. サラリーマンの書評

    タックスシェルター 幸田真音 サラリーマンの書評
  5. 行政書士資格

    初学者が6ヶ月の独学で、行政書士試験に合格できるか?
PAGE TOP