行政書士資格

残り6ヵ月!行政書士試験対策は十分ですか?ちょっとした工夫を伝授!

緊急事態宣言が発生されています。

今年の受験生は、結構勉強時間が
あったりするのでしょうか?

ただ、気分的にはなんとなく、
ダラダラしてしまいがちですよね。

しかしながら、刻一刻と、試験に向けた時計の針が
進んでいるのは事実です。

残すところあと6ヵ月、つまり半年です。

巷では、「初学者が6ヵ月でも十分合格可能!」なる記事が
結構にぎわってますが、非常に困難と言わざるを得ません。

6ヵ月でやるべきことは
・過去問はあと1ヵ月で終わらす。
・各社の予想問題集を3ヵ月解きまくる。
・並行して、一問一答の導入時期を見計らう(7月末頃)
・六法をまとめテキストとして、書き込みを行う(随時)
・判例については、問題を解きながら確認(随時)。

ちょっとした工夫①解答用紙を持ち歩く

ここから2ヵ月はとにかく問題を解いてください。
その時に・・・
時間がもったいないので、解答用紙は、常に準備してください。

例えば、私はA4の紙に、↓のようなイメージで作成して
常に4つ折りにして持ち歩いてました。

裏表を利用して、8回分の試験を解けるようにして、常に携帯しておく。
空き時間があれば解く。繰り返し。。

ちょっとした工夫②問題に過去の〇×を書かない。


問題用紙や問題のページに、過去に自分が、間違ったかどうかを
書いている人を見かけます。これはやめましょう。

イメージわかりますかね?
私は、勉強し始めたころ、こういう形で
過去の記録を、記載していました。

例)問題① 〇×〇〇〇  →この〇×のこと。
AはBとの取引にあたり・・・・・・

〇、×をかいてしまうと、予見が入ります。
つまり、以前にここは間違ったな・・という余計な情報が入り、
新鮮な気持ちで、問題が解けない状態になります。

とはいえ、過去に自分が間違ったかどうかを、
記録しておくことも大事なことです。

そんな時は、解答を利用しましょう。
模範解答が記載されている問題番号の横に、
○×を
書いていくのです。

そうすれば、問題はまっさらの状態で解くことができます。
つまり、余計な事前情報なく、
問題に挑めます。

これって結構大事なんですよね。
特に×が入っていると、変に勘ぐってしまうので。。

前に何を間違えたのだろう?とか、
この問題のポイントはここだったはずとか・・。

これが案外、学習の妨げになったりしますので
最後の2週間くらいまでは、問題に○×を書かずに
回答にかいてチェックしていきましょう!!

「学びなおし」で一歩踏み出そう!

自粛の嵐の中、新しいビジネスの方向性は?前のページ

自粛警察・・?これからの生活を考えましょう。次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. 行政書士資格

    行政書士試験 本試験2回目の挑戦。後日の嘘みたいな閃き。
  2. その他の資格・勉強

    最近多くないですか、中二病と大企業病?
  3. その他の資格・勉強

    営業マンにとって必要な資格って何でしょう?転職に有利?不利?
  4. サラリーマンの書評

    マスカレードナイト 東野圭吾:サラリーマンの書評
  5. その他の資格・勉強

    FP3級、無事合格。
PAGE TOP