サラリーマンの書評

黒革の手帖 サラリーマンの書評


夜の街を舞台にした小説を、オススメすると、
自粛警察に、狩られてしまう可能性がありますが・・・。

松本清張先生の作品の中では、
これでもか!というぐらい、女性の野望やどす黒さを
描いている作品ですよね。

主人公の元子の
成り上がり方や、計算しつくされたビジネス展開と
脅しにも近い、いや脅しそのものである資金調達方法等、

悪いことだとわかっていても、なかなかに共感してしまいますよね。。

後半は、それがあだになり、
どんどんと追いつめられるところは、

それはあかんあかん・・と思っていながらも、
なりあがる為に手段を択ばない元子に、
一抹の寂しさと、哀れさを感じてしまいます。

この作品のすごいところは、
「犯人はおそらくこの人間であろう」
ということがわかりながら、読み進んでしまうこと。

勧善懲悪の逆パターンですが、
やはり、人間は悪いことをして得た金なり、地位は
より、悪い人間にあっさりと奪われてしまう、ということを描いてます。

何とも、後味がわるい感覚はあるのですが、
それでもやはり面白い。こういうのも勉強ですね。

「学びなおし」で一歩踏み出そう!

「合格革命 行政書士 法改正と直前予想模試 2020年度」は、独学に欠かせません! 前のページ

行政書士試験の勉強した人が、自粛警察を容認してはいけないと思う理由。次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. その他の資格・勉強

    FP試験直前!追い込み学習について
  2. サラリーマンの書評

    三匹のおっさん 有川 浩:サラリーマンの書評
  3. サラリーマンの書評

    千里眼 松岡圭祐:サラリーマンの書評
  4. 行政書士資格

    行政書士試験 一般知識対策は○○を解いてみよう!!
  5. その他の資格・勉強

    簿記2級試験!勉強の実況中継⑭問題ばかり解くと理論が・・・
PAGE TOP