その他の資格・勉強

就職氷河期に突入か?今こそ、学生の皆さんは資格をとりましょう!


コロナ問題で間違いなく、学生の皆さんにとっては
逆風が、吹き荒れることになるでしょう。

私が、就職活動をしていた1996年は、超氷河期といわれる時代でした。
思い出すのも嫌なくらい、不景気という言葉が新聞紙面上をにぎわしていた頃です。

40社以上の会社訪問をしても、内定は1社のみ。

それでも、上場企業である富士通さんに雇って頂いたので、
非常にうれしいことではありました。面接も、5回は当たり前という時代でした。

パナソニックも受けましたが、リクルータだけで5回は、面接した記憶があります。
何度も何度も同じことを聞かれて、ようやく最終面接に門真の本社に呼ばれました。

喜び勇んで臨んだものの空回り。。。
今考えると、何故にあそこまで、自信満々だったのかが不思議です。

学生時代に学んできたことと、将来自分がやりたいことのビジョンに
なんの脈略もなく、そして受験する企業のことを全く調べもしません。

俺にまかせてくれたら、何でもやれる!みたいな感じです。
あまりにも、就職の偏差値が低すぎる大学生でした。

そうならないために、大学生の皆さんは、学部の勉強+遊び+資格の勉強をしましょう。
何をやればいいか?って。今から言います。

  • おススメの資格①簿記(3級→2級)
  • おススメの資格②宅建士
  • おススメの資格③ビジネス会計、ビジネス法務
  • おススメのスキル:htmlなどのWEB言語

おススメの資格①簿記(3級、2級)


会社に入るということは、企業活動の一端に触れるということ。
企業活動とはとりもなおさず、お金の流れに他なりません。

そのお金の記録をどのように残すか?
誰にでもわかりやすい方法で、定められているのが簿記です。

営業だから、開発だから関係ない・なんてとんでもない。
営業や、開発だからこそ必要です。

会計原理をわかっていないと、営業は在庫の管理もできませんよ。
在庫の定義って?仕入れたけど、売れていないものです。

簡単ですが、在庫の場所が、点在していたり
外部に任せていたりすると、その在庫管理を
営業がきっちり、把握しなければなりません。

もしこれがあいまいならば、次の注文に対して、
いくつ発注すればいいの?がわからないですからね。

システムでやらせればいいやん!とおもったあなた。
そのシステムで使える公式を、考えるのは人間です。

じゃあその在庫金額は?個別での管理なのか?
それとも月の平均をとるのか?

結構、実務でも差異がでる要素だったりします。

開発部門ですと、製品を製造する装置の減価償却などを
踏まえてコスト計算が必要です。

こういうことも含めて、簿記での管理を学ぶと役立ちますので、
頑張って勉強しましょう。2級までとると、原価計算も範囲ですので
ビジネスでは相当役立ちます。

そして、その先には、1級が控え、
税理士や公認会計士という未来も見据えることができます。

経済学部や、商学部じゃないから、関係ない・・
ではなく、むしろ他の学部だからこそ、
就職を見据えた場合は、積極的に簿記を取りに行きましょう。

おススメの資格②宅建士


不動産や建設業界に行きたい方は必須でしょう。
とっておいた方が、スタートダッシュで差がつきます。

それ以外の業界の方でも、法律の基本を学ぶことができますし
何よりも国家資格ですので、かなりの箔がつくと思ってください。
※人事担当ではないので、あくまで個人的意見です。

要は根拠のある自信がつくということを言いたいんです。

相応の難易度の国家資格を、
みんなが遊び呆けている間にちゃんと勉強して将来を見据えている。。
という点は、おおいに評価されると思いますよ。

おすすめの資格③ビジネス法務、ビジネス会計


企業はお金と法律が、最低限のルールとして定められています。

その時の、最低限のルールをしっかり理解しているか、
全く知らない人間か?どっちを雇いますか?

当たり前ですよね。
そう考えたときに、この資格は極めて有効です。

生活の生業として生きていくのではなく、
あくまで企業への就職として考えた場合、
数字の見方や、法律に対する基礎知識がある人間は即戦力とみなされます。

特に、ビジネス会計については、上場企業での必須帳票の見方などを
ふまえての勉強になりますので、実務でもかなり役立ちます。

おすすめのスキル:HTMLなどのWEB言語


これはもっと根本的な話になるのかもしれません。

そもそも就職という道を選ぶのか?
フリーランスとして生きていくのか?

どちらにしても、これからの時代を考えたときには
WEBは、切っても切り離せない生活になるでしょう。

インターネットを凌駕する技術がでてくれば話は別ですが、
そうだとしてもベーススキルとして、持っておくに越したことはありません。

どんな活動をするにせよ、WEBでの発信は必要なため、
それを自在に操ることができる言語を学ぶことは、
自由を手にする、という意味にもなると考えます。

まとめ


今日の話題は、どちらかというとこれからどうしようか
迷っておられる学生さんなり第二新卒の方に向けたメッセージです。

もうやりたいことが決まっている!という方には釈迦に説法です。

おそらくや、そうでない人が大半なのでは
・・という自分の経験にもとづき書いてみました。

やるべきことが見つかっている人はうらやましいですよね。
でも、大丈夫です。

いまからでも、こういった勉強をすれば確実に世界は広がります。

やるかやらんかはあなた次第。いますぐ動きましょ!

「学びなおし」で一歩踏み出そう!

資格スクエア 行政書士リベンジ講座が間もなく開催!前のページ

行政書士試験 一般知識対策は○○を解いてみよう!!次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. 仕事・出世・会社

    出世の為のちょっとした○○という取り組み。若手サラリーマン必見です!
  2. 行政書士資格

    失敗しないようにおススメします。行政書士試験に向けて判例集を再チェックしよう!
  3. 仕事・出世・会社

    価値観の崩壊を感じる現在の40代サラリーマン。
  4. その他の資格・勉強

    甲子園交流試合に思うこと。
  5. 仕事・出世・会社

    日本の製造業は大丈夫でしょうか?② Reach/ROHSなど環境調査についての本…
PAGE TOP