仕事・出世・会社

日本の製造業は大丈夫でしょうか?① 4M変更についての本音です。


自動車部品関係の取引先をひきついで半年になります。

日本の基幹産業の代表である自動車業界にかかわることが
できているのは嬉しい反面、

日本のモノ作りは今後発展はないな・・
というのが如実にわかる気がします。理由は以下の通り。

・車業界への信仰がすさまじく、極めて見識が狭い人間が多い。
・品質管理部門の先鋭化が甚だしく、管理の為の管理が多い。
・下請法そっちのけで、外注に無理を強いている。

実際に会って、話をしているなかで
まだ昭和か?ここは?というような感覚に陥ります。

それぐらい、変化に追従できていない人が多いと感じます。

しかしながら、プライドだけは非常に高く、
がちがちに管理されているので、やたらと提出書類が多い。

書類の中身については、一部の人間しか理解をしておらず
問い合わせたら、たらいまわしされるのは当たり前。

とにかく判をついて出せの一点張り。
これでは、何を管理しているのかがわかりません。

そういうなかで、正直一番うっとうしいのが4M変更の管理です。

1)4M変更とは?

4Mとは、
人(man)・機械(machine)・方法(method)・材料(material)
の頭文字をとって名付けられております。

ものづくりを行う上での管理をする場面として
定義づけられているという理解です。

定期的に生産しているなかで、
これらの要素に変更があった場合は速やかに、お客様に申請をする・・
ということで、一般的にまかり通っているルールです。

一見して、素晴らしいルールのように思えますが、
方法、材料はともかくとして、機械や人が変わった場合も
申請を出して承認を得る必要があるとおもいますか?

意味がわからん。

サンプルを提示して、これまでと寸分たがわない性能を
デジタルに明示できなければ、変えることはまかりならん。

という、きわめて発注側に強い一方的なルールです。

いや、そういうルールとして定着してしまっていることが、
一番の問題です。

日本の中小企業の敵は、中国や東南アジアの製造業です。
この方々は、申し訳ございませんが、これらをきっちりと
守っているか?どうでしょうか?

コストを優先させる場合は、このルールをきわめて
たやすく発注者側は破ります。

ですが、日本の中小企業に対しては、理由はわかりませんが
極めて厳格にこれらを守るように指示してきます。

2)管理の末にあるものは?


ある会社の購買部門の方の発言が全てです。

「どれだけ国内でいいものさがしてきても、4Mの壁があって、
品質管理部門が、建前を通して来たら仕事にならん」

その通りです。

管理することこそが仕事であるような部門を
延々と運用している会社が、強大な権力を持ち
日本の製造業を支えているのですからね。

しかも、実は一番腹立たしいのは、
日本の成長過程において、4Mなどを無視して
現場の工夫で成長してきた人たちが、

我々の世代に対しては、これを遵守するように
きわめて強い管理体制を強いていることです。

30年前、これほど品質云々してましたか?
管理管理で紙を提出させてましたか?

団塊の世代、バブル世代と一口に言ってしまうと
語弊がありますが、こういう制度を関係なく
育ってきた人間たちこそが諸悪の根源です。

この人たちが、自由に発想する力を奪っている
といっても過言ではありません。

3)関わらないのがベスト


結論としては、今後日本において、
自動車や電機関係の業種に対して、ものづくりとして
かかわること自体が、中小企業にとってはリスクとなります。

極論は、雇用を生み出す力が、そもそも企業に
無くなってくるということです。

近い将来、自動車と電機業界は崩壊すると思います。

まともに付き合える相手ではないですからね。

中小企業としては、関わらないのがベストという
世の中になるでしょう。

中国や東南アジアから、どんどん安い部品を仕入れて、
壊れて当たり前の製品を市場に出して、潰れる・・
というストーリーが目に見えます。

4)サラリーマンはもっと自立を!


「コロナウィルス騒動が収まったら、自動車が売れる」
「急激な立ち上げがきて、ラインストップしたら困るから
部品つくっとく」

コロナウィルス騒動の最中に、
自動車業界の人が、よく話していた会話です。

普通に考えて、「今、だれが車買うの?」
こんなこともわからないくらいトランス状態にあるわけです。

潰れてからでは遅いんです。

もっと自分の目で見て、耳できいて、人と会話をして
何が正しいかを自分で判断できるようにならないと
サラリーマンは大変です。

残念ですが会社は守ってくれない・・
世の中になっています。

トランス状態が解けたときに、何も残らないなんて寂しすぎます。

頑張りましょう!

「学びなおし」で一歩踏み出そう!

華麗なる一族 山崎豊子:サラリーマンの書評前のページ

日本の製造業は大丈夫でしょうか?② Reach/ROHSなど環境調査についての本音です。次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. サラリーマンの書評

    遺言 闇社会の守護神と呼ばれた男、その懺悔と雪辱 田中森一:サラリーマンの書評
  2. その他の資格・勉強

    挑戦!日商簿記3級への道!問題を解く順番。
  3. 仕事・出世・会社

    FORTNITEはなぜ無料でプレイできるのか?質問です。
  4. サラリーマンの書評

    高校事変 サラリーマンの書評
  5. その他の資格・勉強

    簿記2級試験!勉強の実況中継⑳最終追い込み
PAGE TOP