仕事・出世・会社

コピペ記事と、コタツ記事

先日、ロンドンブーツの淳さんが、youtubeで
日刊スポーツと距離を置く、という内容を語っておられました。


【対談】田村淳はこの先日刊スポーツの取材に応じることはない

理由は、コピペ記事、コタツ記事を容認してきたけど
番組づくりやタレントなどが損をして、
記事を書いているサイトだけが、得をするという構造に問題がある、
とのこと。

コピペ記事とは、その名の通り、
出ている文章などをそのままコピーして使う記事。

コタツ記事は、SNSでの発言をとらまえて、
家にいながら文字起こしをした記事。

要は取材をせず、本人と話もしたことなく、
センセーショナルな発言の部分だけをきりとって、記事にすることです。

気になったのは文責です。

新聞記事などは、だれが書いたのかを明確にしている場合が多く、
記者の名前をかいてありますよね。

今回の問題は、スポーツ紙のネットサイトに大々的に書かれたにも関わらず、
ツイッターで淳さんが内容の間違いを指摘したら、謝罪文もなしにこそっと修正したとのこと。

そんなやり方は、商売上の信義にかかわると考えます。
表現が古いかもしれませんが。。

私もブログを始めて、半年になりますが、
商品をすすめる記事を書くのには、本当に気を使います。

行政書士の問題集とかでも、自分が使ったこともないものを
バンバン平気で進めることはできません。

読んでない本の感想を書くことなど、
到底できもしないし、やろうとも思わない。やっても意味がないですよね。

最初、アフィリエイトの記事を
どんどん、量産しようかとおもったのですが、書けないですよ。

また聞きでは。これは、営業という職種をやったことがある方には、
共通している

自分が、自信をもって売れない商品は、
絶対に相手に見抜かれます。

商品だけでなく、それをとりまく制度面も含めて、
良いものにしていかないと、長続きはしません。

ですので基本的には、自分が実際に目で見て、
説明を聞いて、納得したものしかおススメしません。

逆を言えば、ネタが大変ですが。。。

「学びなおし」で一歩踏み出そう!

2020年度宅建試験について前のページ

「合格革命 行政書士 出るとこ千問ノック」そろそろ出番ですね。次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. 子育て、受験、習いごと

    空手のおすすめ動画。無料です。まず、見て真似てみよう。
  2. サラリーマンの書評

    ハードボイルドは如何?善悪の対極おススメの2選!
  3. 仕事・出世・会社

    ウォーレン・バフェットは、なぜ日本の5大商社株を買ったのか?
  4. サラリーマンの書評

    首都感染 高嶋哲夫 サラリーマンの書評
  5. 行政書士資格

    ○○をするだけで、ケアレスミス激減!行政書士試験の最終確認!
PAGE TOP