仕事・出世・会社

勝駒!富山県高岡市の幻の日本酒

私は殆どお酒を飲みません。
特にこの2年間は、1滴も口にしてないくらい、飲んでないです。

若いころは、無茶な飲み方をしたりしてましたが
正直、おいしいと思うことが、ほとんどないというか・・

40を超えてからは、ほとんど体が受け付けなくなり
息子の受験を境に、別にやめようと意識したわけではないのですが、
飲んでません。

それでも、たまにすこーしだけ飲んでみたいな、と思うお酒があるわけです。
そんな幻のお酒「勝駒」をご紹介します。。

勝駒との出会い


もう20年ほど前になりますが、富山に住んでいた頃、
上司に連れられて「あら川」という割烹に行きました。

この割烹も抜群においしいお店なんです。
旬の魚をふんだんに、これでもか・・と味わわせてくれるお店で、
マスターも人当たりの良いかたです。

酒に弱い私は、基本的には日本酒などを口にすると
すぐに気持ち悪くなってしまうので、ほとんど飲みません。

上司が、「これはうまいから、だまされたと思って飲め」と、
いまでいうとこの完全なアルハラですが、まだ従順な20代の私。

従いましたよ。ここで初めて「勝駒」と出会いました。
まさに衝撃!ナニコレ?ってな感じでした。

勝駒の味は?


日本酒って独特の匂いがしますよね。

飲まない人間からするとアルコール臭いというか、
饐えた匂いというか・・。

でも、この「勝駒」はそれを超越して、
フルーティーというか、でもワインっぽくなく
あくまで日本酒なんですが、すごく匂いがいい。

かつ、飲んだ時のさわやかさたるや。。

これは飲めない人間にも飲めるという感覚ですし、
魚と合わせると、抜群に合うというか、

倍増ゲームで、うまさを醸し出してくれる、
もはや、日本酒という枠にとらわれず
「勝駒」という、別のジャンルの飲み物に感じました。

以来、勝駒については大好きな日本酒です。
ただ、もう10年以上飲んでませんが・・・。

どこで作ってる?

富山県高岡市で、醸造されています。
http://www.toyama-sake.or.jp/publics/index/38/

明治39年創業の歴史ある酒蔵。

「不容偽」(偽りを容わず)を理念とし、量産をしない、
種類を増やさない、酒質を第一にした酒造りをしている

ラベルは池田満寿夫氏が書いているそうです。

まとめ


昔、美味しんぼで、
日本酒を題材にした回がありました。

まさに、そのストーリを彷彿させる
日本独自の文化ともいうべき「勝駒」です。

富山県は、水がおいしく、
いろんな酒造メーカーがありますが
中でもとりわけ美味な勝駒を紹介いたしました。

もちろん立山や満寿泉、若鶴なども
非常に飲みやすい良いお酒です。

ただ、勝駒はレア度が高く、
大阪ではあまり目にすることがありません。

ぜひ皆さんもご賞味ください。

「学びなおし」で一歩踏み出そう!

「合格革命 行政書士 出るとこ千問ノック」そろそろ出番ですね。前のページ

浜学園と日能研の比較を赤裸々に!塾選びって困りますよね。次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. その他の資格・勉強

    簿記2級試験!勉強の実況中継⑲受験票
  2. 仕事・出世・会社

    コピペ記事と、コタツ記事
  3. 行政書士資格

    行政書士試験の委員について。
  4. 仕事・出世・会社

    2020年 サラリーマンの行動を変える年です!
  5. サラリーマンの書評

    「任侠シリーズ」 今野敏 感想レビューまとめ:サラリーマンの書評
PAGE TOP