仕事・出世・会社

見積楽しい・・・でも受注してからは苦しい。営業のサガですね。

自分は結構、初受注まで苦労した思い出があるため
今でも、「見積してください」という言葉には、
割と前向きに、対応できるタイプです。

来る日も来る日も、飛び込み営業をやるとわかりますが
なかなか、見積迄行くことは少ないんですよね。

ましてや、システム商談となるとほぼ皆無。

セミナー開いたり、展示会をやったり、
いろんな
手法を使いましたが、結構苦労した覚えがあります。

だから今でも、見積や提案に対しては、
どちらかというと、
ワクワクする形で対応します。

これが、最初から、大手の担当をもたされた同期の営業は
見積が作業なので、全く気持ちが入らん!という訳です。

いいのかわるいのか・・・。

やっぱり、営業は自分で、どんどんお客さんを
開拓していくことが、
楽しみの一つでもあるため、

ここのワクワク感を、感じられない営業は、
仕事自体が苦痛でしょうね。

というのも、受注してからが本当の仕事なんですよ。

納期までに、きっちりと受注したものを、
約束した通りの、
品質と価格で収めることができるかどうか?

これが結構苦しい。

うまいこと言って当たり前の作業なんですが、
どうしてもイレギュラーは発生する。どこかでトラブルが起こる・・・

そんなとき、せっかく注文頂いたお客さんに説明・・・・
という名の、言い訳をしなければいけない。

これは辛い仕事です。
営業マンはこのためにいるのか、ということを思い知らされますよね。

だからせめて、提案、見積もりの時はワクワクしておかないと
仕事自体が楽しくなくなるわけです。

以上営業マンの実態でした。

「学びなおし」で一歩踏み出そう!

苦手なお客様との付き合い方 営業マンの永遠の課題ですね。前のページ

自己責任の世の中、自分の身を守る方法。次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. 子育て、受験、習いごと

    2021年の中学受験は大変に!?
  2. その他の資格・勉強

    U-NEXTで名作を見よう!地上波はうんざり!
  3. サラリーマンの書評

    銀翼のイカロス:サラリーマンの書評
  4. 仕事・出世・会社

    同調圧力には参りますよね。。リクルートスーツって?
  5. 仕事・出世・会社

    「お金の大学」!!全てのサラリーマンが読むべし!
PAGE TOP