サラリーマンの書評

7つの会議 池井戸潤:サラリーマンの書評


この小説のテーマは営業にとっては重い。。
とてつもなく重い・・・・。

商売を取る為に、品質を落とすことで価格を合わせるという、
いわば営業としては、「禁断の果実」をテーマにしています。

小説自体は、ねじの強度を定められた基準を
かいくぐる為に、サンプルや試作の時点では

正規の製品を提示し、量産に入ってから品質を落とす・・
海外の会社でまぁまぁよく聞く、不正のやり口です。

まして、この小説で使用されている部品が、
航空機や列車という、社会インフラを担う分野での
不正なんで、ちょっとあり得ないことですが・・・

現実世界では発生してますよね。
しかも中小企業じゃなくて大手で。。

最近でいうと、ハイオクの件とか・・・
神戸製鋼の件とか・・
それこそあげれば、枚挙にいとまがないっちゅうやつです。

記事を見るたびに、私ら中小企業の人間には
やれ品質管理がどうとか、環境がどうとか、

ギチギチに、締め上げてくるくせに、
自分らは平気でこういう偽装をしている。。。

あと、よく聞くのは、中国から部品を購入している
購買部門の方が「試作の時と、量産で品質が・・・」っていう言葉。

この言葉って、本当に悔しいんですよね。

お宅がコストを追求しまくったおかげで、
中国製を購入することを決断したんでしょ。

決断に至っては当然、そうならないように指導すべきでしょ。
うちが同じ事したらどうなりますか?取引停止でしょ。

必ず、そういいますよ。私はね。
それだけ、日本の中小企業は、なめられてるんですよ。

でも、それが現実です。

あくまで、誠実に対応する仕事をやり続けていますが
最近は、本当にむなしくなります。

というわけで、そんな重たいテーマを書き続ける
池井戸先生には拍手を心から送りたいです。

「学びなおし」で一歩踏み出そう!

事業計画書は一枚にまとめなさい!:サラリーマンの書評前のページ

行政書士試験に向けて、そろそろ記述式もなれないと・・。次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. サラリーマンの書評

    バッテリー サラリーマンの書評
  2. サラリーマンの書評

    ハードボイルドは如何?善悪の対極おススメの2選!
  3. 行政書士資格

    台風から停電になっても、勉強し続ける根性!
  4. 子育て、受験、習いごと

    藤川球児さんと、上原浩二できゅうじこうじ??
  5. サラリーマンの書評

    華麗なる一族 山崎豊子:サラリーマンの書評
PAGE TOP