行政書士資格

Wライセンスについて。行政書士以外に、何か開業資格あった方がいい?


行政書士の資格に合格した後、結構、本気で考えたのが
「さて続いてどんな資格を取ろうか・・?」ということでした。

社会保険労務士?
司法書士?
海事代理士?
宅建士?
土地家屋調査士?
それとも・・・・・

もっと、いろんな武器をもった方が
いいのか
どうかは、結構真剣に悩みましたね。。。

一般的に、あくまでも一般的なネットの評判でいうと、
「行政書士は食えない説」みたいなものが、喧伝されているので、
完全に自分も、その説
踊らされていました。

結論=必要なし!


私の考える結論だけ言うと、すでに行政書士に合格したなら、
他の独占業務のある開業資格を、取得するは必要ないと考えます。

というのは、人間そんなに器用じゃない。

理由①
2つも3つも、武器があったところで、
ちゃんと使いこなせないと無駄。

理由②
開業するんだから、当然一人で、
何役もしなければいけない。

営業も、事務作業も、経理も、採用も・・・
そう考えると2つも資格があってですよ、

各々の資格に合わせた業務を、
2倍しなければ、いけないことになります。

できますかね?普通できないと思います。
能力的というよりも、物理的にしんどいでしょうね。

理由③
他資格をとることよりも、まず、今持っている
開業できる資格で、どの業務・どの市場を攻めるかを考えるべし・・

補助者などを長年やっていて、行政書士業界の経験がバリバリ
人脈もバリバリ・・・という方は必要ないかも知れません。

勝手に、そんな人は少ないのでは・・と思っていますが、
ほかにやることが多い中で、無理に資格を取る必要は無いです。

但し、最低限知っておく必要のあることもある。


これは、大阪で行われた、行政書士の合格者説明会に参加した時に、
先輩から事務所経営についての話を
聞いて時に、気付いたことです。

それまでは、自分も他の開業できる資格を・・・と、
一心不乱に思っていましたが、それよりもやることがあるな・・
ということに、気付きました。

例えば、建設業経理士の資格や、簿記についてですが
まずはここをきっちりとおさえた方が良いな・・

というよりも、現実的に独立するんだから、
当たり前に、経理は必要やしな・・・・。

それから、建設業のお客さんが多いのであれば
当然、その業界のことも、よく知っておく必要が・・

当たり前のことに気づかせていただきました。
ですので、その方向で勉強しました。

宅建についても、不動産業者とのやりとりが
多くなることが想定されるため、最低限の
知識として
獲得しておく必要があるということで、プラスですよね。

でも実際は、結構な割合で兼業してる?


今、自分の住んでいる行政書士会のhp等をみながら
近隣の開業されている先生方の、得意業務をまとめているなかで、

驚いたのは・・税理士、社労士、司法書士などの兼業されている
先生方もまぁまぁな割合(約30%程度)でいることです。

これは正直、冒頭の私の必要ない!!
という意見を覆す結果であったので・・・

ちょっと反省しましたが、でも、開業を考える年代にもよりますしね。。

40歳代の後半で、2つも3つも器用にこなせる自分じゃないので
まずは、行政書士一本でいくぞ!!ってな感じです。

まとめ


・開業できるような資格は一つで十分。
・簿記などの知識は最低限必要。
・業界を知る意味でも、建設業経理士も取る意味あり。
・一定の割合で、兼業されている先生もいる!

「学びなおし」で一歩踏み出そう!

トリガー 真山仁:サラリーマンの書評前のページ

ボックス 百田尚樹:サラリーマンの書評次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. 仕事・出世・会社

    資格にこだわる理由について、お話します。
  2. その他の資格・勉強

    簿記2級試験!勉強の実況中継⑦うわさに違わぬ商業簿記!
  3. その他の資格・勉強

    日商簿記2級。。またまた工業簿記に苦しんでいます。
  4. サラリーマンの書評

    ナニワモンスター パンデミックに隠された陰謀!:サラリーマンの書評
  5. 行政書士資格

    行政書士試験まであと残り4か月!!今、なすべきこと!
PAGE TOP