サラリーマンの書評

ボックス 百田尚樹:サラリーマンの書評


泣ける小説にいれてもいいくらいの
青春感動の小説です。

主人公は、優等生で勉強ができるけど、喧嘩が弱い木樽と
センス抜群だけど、おちゃらけのカブちゃんです。

物語の目線は、それを見守る
顧問の
新人女性教師という形で展開します。

男って、どうしても喧嘩の強い弱いって
男たるものの基準として、考えてしまいますよね。。

社会にでると、全く腕力は関係ないのですが
ここ一番の腹のくくり方とかは、

やっぱり格闘技やってた方が、
いいんとちゃうかと・・・
弱虫の自分は、思ってしまいます。

自分も空手をやりだしてから、普通に人に殴られたり、
蹴られたりする痛みを、
体で覚えましたが、

それまでは、何にかはわからんけど、
ビビってるかんじでしたもんね。
(強がっているというか・・・)。

とにかく殴られたり、蹴られたりしてると
なんか知らんけど、腹はくくられてくるもんです。

と、同時によけいな争いはやめようという気になるのも、
これはこれで、不思議なもんです。

空手を習ったことによる、一番の収穫は
「余計な争いはやめよう」という気になることかもしれませんね。

大山倍達総裁の「強くなれ、強くなれば優しくなる」
という言葉が、一番身に沁みます。

あ、決して自分は強くないですが。

さて、この小説はボクシングをあますところなく
描いてくれているし、

試合の駆け引きや、練習のしんどさも、
まるで体験してきたかのような書きかたで
描いてくれているのが、よみどころです。

実際レバー打たれたら、呼吸止まりますしね。

相手にレバー打ち込んで
「はうっ」
って言わせたら病みつきになりますよ。。

ただ、練習はひたすら我慢です。
強くなるためには、我慢強さに勝るものはない。

それを、きっちり書いてくれていることに
感謝したいと思います。
こんな小説書いてみたいのランキング1位ですね。。

「学びなおし」で一歩踏み出そう!

Wライセンスについて。行政書士以外に、何か開業資格あった方がいい?前のページ

令和2年度行政書士試験の申し込みは、8月28日までですよ~次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. その他の資格・勉強

    簿記2級試験!勉強の実況中継⑰前向きに!
  2. 行政書士資格

    行政書士試験の勉強した人が、自粛警察を容認してはいけないと思う理由。
  3. サラリーマンの書評

    認知症グレーゾーン サラリーマンの書評
  4. 仕事・出世・会社

    営業の新年行事の必要性を考える。。。
  5. サラリーマンの書評

    ライジングロード 高嶋哲夫 サラリーマンの書評
PAGE TOP