サラリーマンの書評

独立開業から事業を軌道に乗せるまで 賢い融資の受け方35の秘訣:サラリーマンの書評


最近、開業に向けての記事が多くなってますが
本当にいろんな情報を浴びるように取りまくってます。

なんせ、知らないことが多いので。

わかってないことがはっきりと明確になるだけでも、
こんなに人生が変わるもんかな・・・という感想です。

いかに、会社に頼って生きてきたか・・。
サラリーマンはおおいに反省すべきなのかもしれません。

特にコロナ以降、大きく仕事は変わります。
これまでの「毎度!」という訪問ができないので
営業マンは、死活問題ですよね。

いままでは、売上・利益を上げること!が主たる目標という
ことで仕事をやりながらも、実際の活動においては

「訪問すること」が、営業の仕事・・であるように
見受けられましたし、実際それが優先される風潮でした。

ただ、顧客から訪問・面会NGを突き付けられたなか
いやでもかわらなきゃいけない。そういう時代なんです。

さてさて、この「賢い融資の受け方35の秘訣」ですが
以前に紹介した下の記事と、双璧をなす面白さです。

読んで、まず自分として視野が広がったのは
借金=悪という概念が、吹き飛び、間違っていたこと。

確かにな・・・企業状況を調べるのに、有価証券報告書をよく見ますが
まず、現金の欄をみますもんね。

どんだけ借金が無くても、現金がなかったら
「おいおい、、この会社大丈夫か?」って思ってしまいますよね。

当たり前の話なんですが、いざ実際に自分で開業しようか・・
と考えたときに、借金だけはいかん!とかたくなに思っておりましたが、
そうではないな・・と。

手元に仮に100万円あったとしても、
その元手を下に必要なものを購入したり、

行政書士会に登録費用を払ったりすると、
すぐに枯渇するのは目に見えています。

生活費はどうするの、運転資金はどうするの?

こういった場合、やはりきちんと計画を立てて
元手を増やして、いつでも対応できるような準備をすることで、
事業活動の幅と余裕を持たせる。

そのために融資を受けることは決してマイナスではない。
むしろプラス面しか思い浮かばないように思えます。

この本でも、35ものヒントを頂けますので
開業での融資をご検討のかたは、ぜひご一読ください!

「学びなおし」で一歩踏み出そう!

行政書士試験申し込みは今日まで!今から勉強しても間に合いますか?前のページ

君命も受けざる所あり―私の履歴書 渡辺恒雄:サラリーマンの書評次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. 行政書士資格

    行政書士YouTuberまとめ!完全に個人の独断です!
  2. サラリーマンの書評

    氷点 三浦綾子:サラリーマンの書評
  3. 行政書士資格

    行政書士試験 合格者説明会に参加。次の目標決定!
  4. サラリーマンの書評

    サラリーマンの書評:国盗り物語。「麒麟がくる」や「信長を殺した男」等が話題ですね…
  5. サラリーマンの書評

    臨床心理 柚月裕子:サラリーマンの書評
PAGE TOP