サラリーマンの書評

ロシアを知る:サラリーマンの書評


日本人にとってロシアは、はっきり言って、
北方領土の問題や、第二次世界大戦でのシベリア抑留やら

これらが影響しているため、マイナスのイメージが、
どうしても、先行していますよね。

近くに、ロシア大使館があるのですが、
いまでも「北方領土を返せー」という声が

半日近く響いていると、正直うんざりな心境です。

ただ・・・・、極真空手を学び始めてからは、
ロシア人の、格闘に関するセンスに眼を奪われるばかりで、
それはそれは、強いのひとことです。

試合の様子をみていても、ほぼ感情を表に出さない。
選手がみな、すべからく能面のような、機械のように
淡々と試合をこなす姿をみて、人種の差をすごく感じます。

さて、そんないろんなイメージがあるロシア。
そんなロシアをわかりやすく、対談形式で解説してくれている本です。

対談者は、元外務省でロシア担当だった佐藤優さんと
わかりやすい解説者でおなじみの池上彰さんです。

実はロシアという国は、親日的なんですよね。

でも、冒頭のイメージから、日本人にとっては
非常にとっつきにくい国であるということ。
※要は片思いっちゅうことです。

世界の動向も、ロシアを通じてみれば
非常にわかりやすいということを、
論拠をもって、説明してくれている本です。

軍事ではアメリカ、経済では中国に依存しきっている
日本ですが、コロナを通じて世界が激変していく中で
もっといろんな国の人との交流を深めなければいけない。

そういう中では、ロシアという国を
もっと知る必要がありますが、敬遠しがち。

私の場合は、極真空手を通じて、
ロシアに対する感情は、正直幾分か和らぎました。

なぜって、他国の武道に対して、これほどまでも
真剣に向き合ってくれる国ってなかなかないですからね。。

ぜひ一度読んでみて、ロシアに対する印象を
少しでも前向きにしてもらえれば・・・とおもいます。

「学びなおし」で一歩踏み出そう!

スタートアップ101 大学生や20代の人は絶対読むべし!:サラリーマンの書評前のページ

建設業経理士試験に向けて!当日の実体験など!次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. 行政書士資格

    行政書士試験、やっちゃいけない勉強法!今からでも修正しましょう!!
  2. 行政書士資格

    ユーキャン=行政書士試験の独学合格に効率をもたらす勉強法!
  3. その他の資格・勉強

    FP3級、独学取得!学習の実況中継③タックスプランニングに苦しむ。
  4. その他の資格・勉強

    サラリーマンに資格が必要なわけ
  5. サラリーマンの書評

    マル暴甘糟 今野敏 サラリーマンの書評
PAGE TOP