仕事・出世・会社

資格か?起業か?ジョブ型?メンバーシップ型?


コロナウィルス騒動で、これまでの
生活習慣や仕事について、大きく価値観が変わる
まさに、転換期をむかえていますね。

明らかに、風潮として変わりつつあることを
肌身に染みて感じます。

一番大きな影響を、受けているのが、
営業部門ではないか?と感じます。

・お客様への訪問ができない(ウェブ、電話会議)
・オフィスにいる必要がない(直行直帰)
・会議は中止。メール等での対応。
・決裁はワークフローシステムで対応。

おっさんには、不便極まりないのが事実です。

ちょっとしたことでの相談を、仕入先やお客様とする場合も、
今までとは異なって、意思疎通を欠いてしまう。

これも、今までの仕事のやり方を、踏襲しているからこそ
起こる問題です。

これだけ行動が変わるであろうときは、
根底から前向きに変化しなければ、
おそらく、取り残されるであろうことは、想像に難くありません。

先日、毎日新聞にオリックスの宮内様の記事がありました。
要約すると、下のような内容です。

・日本はこれまで、メンバーシップ型の雇用だった。
・つまり、会社に入って、みんなで仕事をするという「チーム」のような形で仕事をしていた。
・この20年間の日本の停滞をみると、メンバーシップ型は、必ずしも機能しているとはいいがたい。
・今後はジョブ型に変革すべき。何ができるか?を明確にして会社に貢献する。

つまりは、「何ができるのか?」「何をしたいのか?」を、
明確にして働く必要があるということです。

おおいに賛成ですね。
但し、解決しなければいけない問題が2つあります。

1つめ。それは、日本の雇用の流動化が低いということです。
日本においては、まだまだ、
・一つの会社で勤め上げることが美しいとされていること
・外様を受け入れる精神的な土壌が出来上がっていない
ということです。

ただ、これはどんどん変化していくでしょう。
変化してもらわなければ、困ります。

2つめ。メンバーシップ型の組織による弊害ですが
責任者が誰かを明確にできない、うやむやの組織になっている。

だからこそ、書類の決裁ひとつとっても、
あれだけ
押印がならぶんですよね。。。

つまり・・・・今後のことを考えると明らかに
ジョブ型に移行するほうが、機能的であり合理的でしょう。

ですので、すべてのサラリーマンは、
これらに対して備えなければいけない。

サラリーマンを続けたいのであれば、
これまでのような、企業内部でそつなく人間関係をこなすタイプの
調整型では生き残れない。

なにがしかの突出した特技をもっている必要がある。
それが嫌なら、起業する。

自分で会社を興し、自分の理想を具現化する。
どちらにしても、学びは必要です。

自分が何をしたいのか?何をもって社会に貢献するのか?
よくよく考えて行動する必要がある、そういう時代に突入してますよ!!

「学びなおし」で一歩踏み出そう!

建設業経理士試験、頑張ってください!!前のページ

パソナの本社移転に対する考察次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. 仕事・出世・会社

    社会の変化について chikirin様の記事考察
  2. その他の資格・勉強

    簿記2級試験!勉強の実況中継⑬弥生カレッジCMCの予想!
  3. 子育て、受験、習いごと

    空手を習うなら、極真空手がオススメです。その理由は?
  4. 行政書士資格

    行政書士試験の予想問題集を解こう!過去問よりも実践的です!
  5. サラリーマンの書評

    社会人が読むべき小説 鉄の楽園② 楡周平
PAGE TOP