サラリーマンの書評

砂の王宮 楡周平:サラリーマンの書評


第二次世界大戦後、日本の立て直しのなか、
活気に溢れる神戸の闇市で、

薬屋を営んでいた塙が主人公の物語です。
おそらく、ダイエーの創業者、中内功氏がモデルでしょう。

ちなみに、ズルチンってご存知ですか?
甘味料です。むちゃくちゃ甘いんです。

私の会社は100年続いている会社ですが、
先代が大戦から帰国後、実は、ズルチンの精製を一時的に
手掛けていたので、一回なめさせてもらったことがあります。

当時のことを、懐かしく語っておられましたが
「ほんまに、お客が札束もって会社にくるんや。」
「甘いもんがないから、とにかくこの金である分
買うから、はよしてくれ!って、会社に居座るんやで。」
という状況だったようです。
この小説の冒頭の闇市での切迫感は、理解できます。

京都で進駐軍の御用聞きをしている深町と
進駐軍御用達のバーで知り合い、その戦略的な提案に乗り、
莫大な儲けを手にします。

その勢いで、スーパーマーケットを開業し、
格安牛肉を武器に業績を飛躍的に向上させ、

全国展開への道を順調に進む・・・が、
好事魔多しという流れの物語です。

主婦の店ダイエーは、開店当時すごかったようですね。

神戸に住んでいたので、よく祖父から聞いたのですが、
「電車賃かけて、買い物にいきよる」
といってたくらい安くて、魅力的だったようです。

情報システムの使い方も、斬新だったと
富士通時代の同僚から話を聞いたことがあります。

とにかく単品管理の追求が凄いことや、30年前くらいから
データベースをぶん回して、いまでいうビックデータの走りを
やり始めたのがダイエーだ、ということも聞きました。

今は、イオングループ傘下になってしまって
見る影もないです。。。

でも、当時は日本復興のシンボルとして、
位置づけられていた会社をモチーフにした小説です。

ぜひ一度お読みください

いつでもどこでも漫画が読める!!【DMM.com 電子書籍】

「学びなおし」で一歩踏み出そう!

会社に頼らない生き方って?副業を考えましょう。。前のページ

若者の失業率が、増加しているという記事をみての考察。次のページ

人気記事

記事一覧

ブログランキング参加中です!ご協力お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

  1. 仕事・出世・会社

    野党議員って、何言っても許されるの?
  2. その他の資格・勉強

    日商簿記3級まで残り2週間!一発合格のために今やるべきこと!
  3. 行政書士資格

    ケータイ行政書士ミニマム六法を使わない場合⇒【結論】合格は遠のきます。
  4. その他の資格・勉強

    こんな時代だからこそサラリーマンにオススメ資格!いつまでもあると思うな、親と会社…
  5. その他の資格・勉強

    今までに取った資格
PAGE TOP