サラリーマンの書評

  1. 雨の狩人 大沢在昌 サラリーマンの書評

    ハードボイルド小説の紹介が続いてますがなんとなく、警察へのあこがれが止まらん・・感じです。法の執行官としては、最高位に位置す…

  2. 獣眼 大沢在昌:サラリーマンの書評

    未来を予測する能力って魅力的でしょうか?あったら便利だけど、実際問題その能力が備わっていると怖いですよね。怖い・・という…

  3. ボックス 百田尚樹:サラリーマンの書評

    泣ける小説にいれてもいいくらいの青春感動の小説です。主人公は、優等生で勉強ができるけど、喧嘩が弱い木樽とセンス抜群だけど、おちゃ…

  4. トリガー 真山仁:サラリーマンの書評

    真山先生の著作は、自分で経験できないことを本の世界の中で、縦横無尽に表現してくれています。どの作品も、まるで自分に羽が生えたように、…

  5. 遺言 闇社会の守護神と呼ばれた男、その懺悔と雪辱 田中森一:サラリーマンの書評

    著者である田中森一氏をご存知でしょうか?元検事で、東京地検特捜部にて鬼検事として名を馳せ、1987年に、弁護士へ転身されてか…

  6. 7つの会議 池井戸潤:サラリーマンの書評

    この小説のテーマは営業にとっては重い。。とてつもなく重い・・・・。商売を取る為に、品質を落とすことで価格を合わせるという、いわば営業としては…

  7. 水鏡推理 松岡圭祐:サラリーマンの書評

    蓮舫議員が、ある委員会で仰った「2位じゃダメなんですか?」が、むしろ正しいのでは?と思ってしまうような小説です。舞台…

  8. 探偵の鑑定Ⅰ、Ⅱ 松岡圭祐:サラリーマンの書評

    万能鑑定士Qシリーズと、探偵の探偵シリーズが合わさった最高傑作です。信念を持った女性同士 (莉子と玲奈)が、ダブル主演でえぐい金儲けをたくら…

  9. 泣ける小説その4 勇者たちへの伝言 増山実:サラリーマンの書評

    関西人は全員、タイガースファンじゃないの?ってな思い込みが、あるやもしれませんが、そうじゃありません。僕は、いまはなき阪急ブレーブスのファンでし…

  10. 泣ける小説その3 白い巨塔 山崎豊子:サラリーマンの書評

    泣ける小説シリーズの三作目です。小説もさることながら、ドラマが凄かった。ドラマといっても、2000年代初頭に放映された財前=唐沢寿明、里…

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

記事一覧

  1. 行政書士資格

    サラリーマン初学者が10カ月で、行政書士試験に合格するか?
  2. 仕事・出世・会社

    パソコンを見ながら商談する人へ。
  3. サラリーマンの書評

    社会人が読むべき小説。鉄の楽園 楡周平 サラリーマンの書評
  4. サラリーマンの書評

    泣ける小説その1 影法師 百田尚樹:サラリーマンの書評
  5. 仕事・出世・会社

    経営理念を改めて考える。
PAGE TOP